ホーム > 松見 淳子

松見 淳子

名前 松見 淳子
カナ マツミ ジュンコ
 

プロフィール

1947年 大阪に生まれる 1978年 米国ハワイ大学大学院心理学科博士課程修了。臨床心理学専攻。Ph.D.(Psychology)。米国イースト・ウエスト・センター(ホノルル)大学院留学奨学生。 1979年 米国ニューヨーク大学医学部精神科臨床講師,ニューヨーク市立ベレビュー病院専属サイコロジスト(-1980年) 1980年 米国ホフストラ大学心理学科助教授,准教授,教授を歴任(-2000年) 2000年 米国ホフストラ大学名誉教授 2000年 関西学院大学文学部心理学科(現 総合心理科学科)教授 2013年 関西学院大学文学部長(-2015年)   2016年 関西学院大学名誉教授 現  在 関西学院大学応用心理科学研究センター客員研究員 著 訳 書 ランメロ他『臨床行動分析のABC』(監修,日本評論社,2009) リッケル他『ADHD (エビデンス・ベイスト心理療法シリーズ)』(監訳,金剛出版, 2014) Gielen他編 『Principles of Multicultural Counseling and Therapy』(分担執筆, Routledge,2008) Matsumoto編『The Handbook of Culture and Psychology 』(分担執筆,Oxford  University Press,2001) Haynes他編『Comprehensive Handbook of Psychological Assessment, Vol. 3』(分担執筆,Wiley,2004) など

このページのトップへ

著作一覧

行動分析的“思考法”入門

行動分析的“思考法”入門

50のQ&Aで行動分析の考え方を伝える

 
 

このページのトップへ