ホーム > 認知療法

認知療法

精神療法の新しい発展

認知療法

患者自らの力を生かす新しい治療技法の体系

著者 A.T.ベック
大野 裕
ジャンル 心理療法・カウンセリング
行動療法・認知療法
出版年月日 1990/02/15
ISBN 9784753390007
判型・ページ数 A5・320ページ
定価 本体5,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

目次●
 
1章常識とその彼岸
 患者のジレンマ
 意識と常識
 常識が失敗に終わるとき
 常識を越えて:認知療法
2章内的コミュニケーションを求めて
 隠されたメッセージ
 自動思考の発見
 自動思考の質
 自己観察と自己指示
 予期
 規則および内的信号
3章意味と情緒
4章情緒障害の認知内容
5章抑うつのパラドックス
6章警報は火事よりも悪い:不安神経症
7章恐れて,しかし恐れず:神経症および強迫
8章身体を越える心:精神身体障害およびヒステリー
9章認知療法の原則
10章認知療法の技法
11章うつ病に対する認知療法
12章認知療法の現状
 精神療法を評価すること
 治療の認知システム

このページのトップへ

著者情報

A.T.ベック

アーロン・T・ベック博士は,ペンシルバニア大学医学部精神医学教室教授であり,同時に,認知療法センター所長でもある。博士の精神医学的,心理学的問題に関する研究に対しては,アメリカ精神医学会,アメリカ精神病理学会,アメリカ自殺学会から,数多くの賞が授与されている。主要著書としては,“Depression:Causes and Treatment”(1967),“Cognitive Therapy and the Emotional Disoeders”(1976,邦訳「認知療法:精神療法の新しい発展」大野裕訳,岩崎学術出版社刊,1990),“Anxdiety Disorders and Phobias:A Cognitive Perspective”(1985),“Cognitive Therapy of Personality Disorders”(1990),“Love is Never Enough”(1988)などがある。彼はまた,学術雑誌“Cognitive Therapy and Research”誌の創刊時の編集者でもある。第一線の精神医学者の証であるといえるRoyal College of Psychiatristsの会員として選出されているとともに,ブラウン大学より名誉医学博士を授与されている。

大野 裕

1950年 愛媛県に生まれる 1978年 慶應義塾大学医学部卒業 慶應義塾大学医学部精神神経科学教室へ勤務 精神医学,精神療法学専攻 1985年-1988年 コーネル大学医学部留学 1988年 ペンシルバニア大学医学部留学 1989年 学位取得 2002年 慶應義塾大学教授(保健管理センター) 2011年 国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター長 現  在 大野裕研究所所長,認知行動療法研修開発センター理事長 著  書 『こころが晴れるノート』(創元社),『簡易型認知行動療法実践マニュアル』(ストレスマネジメントネットワーク),『はじめての認知療法』(講談社)ほか多数 訳  書 『認知療法』(岩崎学術出版社),『認知行動療法トレーニングブック』(医学書院)ほか多数 監  修 こころのスキルアップ・トレーニング(http://www.cbtjp.net/)

このページのトップへ