ホーム > パースナリティの変化

パースナリティの変化

ロージァズ全集・13

パースナリティの変化

ロージァズ全集・13

著者 ロージァズ C.R.
友田 不二男
ジャンル 心理療法・カウンセリング
出版年月日 1967/02/15
ISBN 9784753367016
判型・ページ数 A5・444ページ
定価 本体6,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

目次抄録

Ⅰ緒論
序論
サイコセラピィに関する研究計画の発展
第1ブロックの計画,手順および被験者
Ⅱ研究結果
クライエント中心療法による自己概念と理想概念との関係の変化
自己分類によって検討したセラピィによる適応の変化
8ケースにおける自己,普通人,理想の概念の変化についての比較研究
セラピィの過程と所産に関するカウンセラーの判定
TAT評定によるセラピィ終了後の適応の変化
精神分析的なTATスケールによって評価されたクライエント中心療法における変化
クライエント中心療法の期間中における自己意識の変化
セラピィとの関係における行動の成熟の変化

Ⅲ結び
本研究の概観と将来への課題

このページのトップへ

著者情報

ロージァズ C.R.

友田 不二男

1917年 千葉県に生まれる 1935年 東京高等師範学校入学 1941年 東京文理科大学(心理学専攻)卒業 1957年 渡米、C.R.ロージァズについてカウンセリングを研究 1964年 カウンセリング視察団団長として渡米 その後、財団法人日本カウンセリング・センター理事長

このページのトップへ