ホーム > 風景構成法

風景構成法

中井久夫著作集・別巻1

目次

目次・執筆●
 
「風景構成法」事始め=山中康裕
日常臨床の中の「風景構成法」=滝川一広
風景構成法と脳波所見=向井巧
風景と分裂病心性―風景構成法の空間論的検討=高江洲義英・大森健一
他技法との比較=市橋秀夫
風景構成法と家屋画二面法―精神分裂病者の“棲まい”方からみた“風景”試論=井上亮
「イメージ造形技法」への適用=後藤佳珠
風景構成法の縦断的考察=中里均
風景構成法について=河合隼雄
風景構成法と私=中井久夫

このページのトップへ

内容説明

●1969年の創案以来,簡便ながら診断的にも治療的にも深く幅広い適用範囲をもつと評価され,精神科臨床,心理臨床で注目を集める技法の全貌。 ●A5判縦組296頁 定価=本体4,800円+税 ISBN4-7533-8413-6 NOV84

このページのトップへ

関連書籍

空間と表象の精神病理

空間と表象の精神病理

芸術療法,病跡学,精神病理学の新たな地平

著者:伊集院清一
 
 

このページのトップへ