ホーム > フロイトの精神病理学理論

フロイトの精神病理学理論

精神分析セミナー・4

フロイトの精神病理学理論

精神分析セミナー・4

著者 小此木啓吾
岩崎 徹也
橋本雅雄
皆川邦直
ジャンル 精神分析
出版年月日 1987/06/10
ISBN 9784753387069
判型・ページ数 A5・336ページ
定価 本体5,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

目次●
 
精神分析理論の成りたち―フロイトからフロイト以後へ=小此木啓吾
精神分析理論の歴史的展望―クライン学派と対象関係学派=岩崎徹也
精神分析の諸学派
対象関係的な考え方
メラニー・クラインの業績
その後の発展
境界例,精神分裂病などの精神病理
集団精神力動および集団精神療法
フロイトの精神病理学・1~7=小此木啓吾
その時代的変遷
生成分析論モデル
発達・退行論モデル
神経症論モデル
不安・防衛論モデル1~2
自己愛論モデル
フロイトの性欲論=小此木啓吾
幼児性欲論
口愛期・肛門期・男根期
エディプス・コンプレックス
性欲論そのフロイト以後の展開
生成分析論と母子コミュニケーション

このページのトップへ

著者情報

小此木啓吾

岩崎 徹也

1935年東京に生まれる。1959年慶大医学部卒業, 医学博士。1969年~1972年メニンガー記念病院およびトビカ精神分析研究所に留学。1979年~2000年東海大学医学部精神科教授。専攻精神医学,精神分析学。現職日本橋学館大学人文経営学科教授,東海大学名誉教授。 著書 専門医のための精神医学(編著,医学書院)現代精神医学大系(分担執筆,中山書店)精神医学事典(分担執筆,弘文堂)精神分析セミナー全5巻(編著,岩騎学術出版社)その他研究論文多数 訳著 K. メニンが一著「精神分析技法論」(岩崎学術出版社)

橋本雅雄

皆川邦直

このページのトップへ