ホーム > 【新版】分離不安

【新版】分離不安

母子関係の理論・2

目次

目次●
 
Ⅰ安定・不安・苦悩
 人間の悲しみの原型
 精神病理学上の分離不安と愛情喪失の意義
 母親の存在および不在と子どもの行動:人間の場合
 人間以外の霊長類の場合
Ⅱ人間の恐怖に関する比較行動学的研究
 不安と恐怖の理論における基本的仮説
 恐怖の行動表示形態
 恐怖を誘発する事態:人間の場合
 動物の場合
 危険と安全に対する自然的手がかり
 自然的手がかり,文化的手がかりおよび危険の評価
 合理化,誤った帰因,投射
 分離の恐怖
Ⅲ恐怖に対する敏感性の個人差
 個人差を規定する要因
 恐怖に対する敏感性と愛着人物の有効性
 不安性愛着とその促進条件
 他
Ⅳ付録
 精神分析学と進化論
 他

このページのトップへ

関連書籍

乳幼児虐待のアセスメントと支援

乳幼児虐待のアセスメントと支援

発達に多大な影響を及ぼす乳幼児期を守る

著者:青木豊 編著
 
 

このページのトップへ