ホーム > 多重人格性障害

多重人格性障害

その診断と治療

多重人格性障害

初めての体系的な診断 治療指針

著者 パトナム F.W.
安 克昌
中井 久夫
ジャンル 精神医学・精神医療
出版年月日 2000/11/09
ISBN 9784753300129
判型・ページ数 A5・496ページ
定価 本体8,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

目次●
第1章解離
第2章多重人格性障害の歴史と診断基準
第3章
 病因,疫学,症候学
第4章多重人格性障害の診断
第5章交代人格 
 交代人格とは何か
 交代人格の類型
 交代人格のその他の側面
 人格変換とそれを起こさせる機制
 人格システム
 他
第6章治療の開始
第7章精神療法における諸問題
第8章精神療法のテクニック 
 トーキング スルー
 断片から記憶全体を再構成する
 相互評価法
 多重人格との夢作業
 内部の自己救済者(ISH)
 日誌や日記の利用
 内的迫害者人格の治療
 人格システムのマッピング
 治療に対する抵抗
第9章催眠と除反応の治療的役割
第10章補助的治療
第11章危機管理と治療的解決

このページのトップへ

著者情報

パトナム F.W.

安 克昌

1960年、大阪市生まれ。神戸大学附属病院精神科勤務を経て、神戸市西市民病院精神神経科医長を務める。阪神・淡路大震災直後より、全国から集まった精神科ボランティアをコーディネートし、避難所などでカウンセリングや診療活動を行う。『心の傷を癒すということ』にて第18回サントリー学芸賞を受賞。PTSD(心的外傷後ストレス障害)の若き研究家として治療活動に尽力する

中井 久夫

1934年奈良県生まれ。京都大学医学部卒業。神戸大学名誉教授。精神科医。文化功労者(2013年度)。著書『中井久夫著作集――精神医学の経験』全6巻別巻2(岩崎学術出版社1984-91)『分裂病と人類』(東京大学出版会1982、2013)など、著書多数。

このページのトップへ