ホーム > たましいの視点

たましいの視点

児童・思春期の臨床2(山中康裕著作集著作集・2)

たましいの視点

山中康裕著作集著作集・2

著者 山中康裕
岸本寛史
ジャンル 心理療法・カウンセリング
出版年月日 2001/12/20
ISBN 9784753301089
判型・ページ数 A5・320ページ
定価 本体5,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

目次●
第1部たましいの形成 ―児童臨床総論
 1章児童期
 2章児童心理臨床学総論
第2部たましいと子どもたち ―児童の臨床
 3章心理療法からみた子どもの超越
 4章「症状」の象徴的な意味について
 5章甘えと反抗
 6章児童文学と心理療法
 7章多彩な症状移動を呈した神経症児の箱庭療法による象徴的心像変遷と治癒過程
 8章子どもの心身症への理論的モデル試論
 9章小児心身症の心理療法
第3部たましいのまもり ―思春期の治療論
 10章思春期症例の治療構造
 11章思春期治療の基本問題
 12章思春期カウンセリングの本質
 13章描画にあらわれた思春期心性
第4部たましいに触れる 
 14章ダウン症児に対する精神療法的接近

このページのトップへ