ホーム > たましいの視点

たましいの視点

児童・思春期の臨床2(山中康裕著作集著作集・2)

たましいの視点

山中康裕著作集著作集・2

著者 山中 康裕
岸本 寛史
ジャンル 心理療法・カウンセリング
出版年月日 2001/12/20
ISBN 9784753301089
判型・ページ数 A5・320ページ
定価 本体5,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

目次●
第1部たましいの形成 ―児童臨床総論
 1章児童期
 2章児童心理臨床学総論
第2部たましいと子どもたち ―児童の臨床
 3章心理療法からみた子どもの超越
 4章「症状」の象徴的な意味について
 5章甘えと反抗
 6章児童文学と心理療法
 7章多彩な症状移動を呈した神経症児の箱庭療法による象徴的心像変遷と治癒過程
 8章子どもの心身症への理論的モデル試論
 9章小児心身症の心理療法
第3部たましいのまもり ―思春期の治療論
 10章思春期症例の治療構造
 11章思春期治療の基本問題
 12章思春期カウンセリングの本質
 13章描画にあらわれた思春期心性
第4部たましいに触れる 
 14章ダウン症児に対する精神療法的接近

このページのトップへ

著者情報

山中 康裕

1941年 - 愛知県名古屋市に生まれる 1966年 - 名古屋市立大学医学部医学科卒業 1971年 - 名古屋市立大学大学院医学研究科博士課程修了(医学博士)。後に名古屋市立大学助手、同講師 1977年 - 南山大学文学部助教授 1980年 - 京都大学教育学部助教授 1992年 - 京都大学大学院教育学研究科教授 2001年 - 同教育学研究科長・学部長 2005年 - 退職し、京都大学名誉教授 2005年 - 京都ヘルメス研究所所長 2009年 - 浜松大学大学院教授。同付属臨床心理教育実践センター長

岸本 寛史

1966年生まれ。1991年京都大学医学部卒業。現在、高槻赤十字病院緩和ケア診療科部長。主な著書『癌と心理療法』『緩和のこころ』(誠信書房)『緩和医療レクチャー』(共編、遠見書房)『ナラティブ・オンコロジー(』(共編、遠見書房)『ナラティブ・ベイスト・メディスンの実践』(共著、金剛出版)『臨床ナラティブ・アプローチ』(共著、ミネルヴァ書房)『コッホの「バウムテスト[第三版]」を読む』(共著、創元社)ほか。 主な訳書『MDアンダーソン・サイコソーシャル・オンコロジー』(共監訳、MEDSi)『ナラティブ・ベイスト・メディスン』(共監訳、金剛出版)『ナラティブ・メディスン』(共訳、医学書院)『関係するこころ』(共訳、誠信書房)『バウムテスト[第3版]』(共訳、誠信書房)ほか。

このページのトップへ