ホーム > 【改訂】錯覚と脱錯覚

【改訂】錯覚と脱錯覚

ウィニコットの臨床感覚

【改訂】錯覚と脱錯覚

ウィニコットを「読みこなし」続け日本語にこだわり続けてきた著者の道標・改訂

著者 北山修
ジャンル 精神分析
出版年月日 2004/03/24
ISBN 9784753304011
判型・ページ数 A5・248ページ
定価 本体4,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

目次抄●
改訂版を出版するにあたり/序文=小此木啓吾
1章魔女とハンプティ・ダンプティ
 国境と時代のむこうに/ノンセンスの領域
2章精神医学のスナック・バー
 信頼できる治療者とその包容力/二重の資格/ウィニコットを取り囲む環境
3章英語と日本語の間に
 多義的な日常語の使用/コトの実体化/ホウルディング
4章その発達理論の裏地と表地
 環境要因の強調/意味のない攻撃性/象徴的破壊
5章楽観と悲観
6章一次過程と二次過程の間で
7章病理の理解と治療方針
8章家族との関わり
9章治療者のいるところで体験すること
10章遊ぶこと,演じること
解題:北山修,『ピグル』,ウィニコット=藤山直樹

このページのトップへ

関連書籍

定版 見るなの禁止

定版 見るなの禁止

北山理論の変遷と進展を一望に収める

著者:北山修
 
改訳 遊ぶことと現実

改訳 遊ぶことと現実

臨床家ウィニコットの思索の到達点

 
 

このページのトップへ