ホーム > 早期関係性障害

早期関係性障害

乳幼児期の成り立ちとその変遷を探る

早期関係性障害

誕生早期の親子関係からの「関係性とその障害」に関する研究成果

著者 ザメロフ A.J.
エムディR.N.
小此木啓吾
井上果子
ジャンル 精神分析
発達・思春期・老年
出版年月日 2003/01/20
ISBN 9784753303007
判型・ページ数 A5・352ページ
定価 本体6,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

目次●

監修者まえがき
序文
序論:早期関係性阻害についての理解
第1部発達
 1発達学と精神病理学の諸原理
 2乳幼児の関係性の経験:発達的にみた情緒の側面
 3関係性のパターンの表象:発達的検討
 4関係性,自己,個人の適応
第2部阻害
 5関係性と関係性阻害
 6臨床的症候群および関係性の阻害とそのアセスメント
 7子どもの身体的健康と関係性の発達
第3部コンテキスト
 8ライフサイクルを通じての関係性阻害と発達
 9表象家族と生活家族:家族の連続性に関する対照的な2つの視点
要約:コンテキストの中の関係性阻害
参考文献
訳者あとがき
人名索引
事項索引

このページのトップへ