ホーム > 精神分析という営み

精神分析という営み

生きた空間をもとめて

精神分析という営み

症例を前面に「分析」をともに考え,ともに理解する営み

著者 藤山直樹
ジャンル 精神分析
出版年月日 2003/08/05
ISBN 9784753303052
判型・ページ数 A5・232ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

目次●
 
序文=土居健郎
序にかえて
1章 「私」の危機としての分析的営み
2章 こころの空間,治療の空間
3章 逆転移に「利用される」こと―自己愛との交わり
4章 ものが単なるものでなくなること―わからないこと,生きていること,開かれること
5章 ひきこもることとつながること
6章 エディプス,プレエディプス,私たちの生きる場所
7章 中立性という謎
8章 共感という罠―不可能な可能性
9章 カウチ,隔たりと生々しさの逆説
10章 プライヴェートな営み,生きた空間
あとがき
初出一覧
文献
人名索引
事項索引

このページのトップへ

内容説明

●読者はこの本を読みだすと,まさに巻を措く能わずという心境になるのではないか。(序文より)

このページのトップへ

関連書籍

認知行動療法と精神分析が出会ったら

認知行動療法と精神分析が出会ったら

実践を知り尽くした両氏が語る臨床の醍醐味

著者:藤山直樹
伊藤 絵美
 
 

このページのトップへ