ホーム > 拒食症治療の手引き

拒食症治療の手引き

家族と治療スタッフのために

拒食症治療の手引き

先進的な治療戦略と治療実践によるマニュアル

著者 D.G.アグマン
A.ゴルジュ
松木 邦裕 監訳
鈴木 智美
ジャンル 精神医学・精神医療
発達・思春期・老年
出版年月日 2003/08/20
ISBN 9784753303045
判型・ページ数 A5・160ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

目次●

1章 拒食症の昨今
 1拒食症は今世紀の病気?
 2「娘は食べないし,とてもやせている。それに,生理がなくなってしまったんです」
 3男子の拒食症の場合は?
 4将来はどうなるのだろうか?
2章 拒食症になっていく娘とともに生き,治療するようにしむけること
 1家族
 2学校
 3誰しもが心配だらけ。手助けするにはどうすればいいのですか?
 4診察は,誰に? どうやって?
3章 拒食症者とともに生き,治療に参加する
 1どんな治療があるのか?
 2家族はどうやって治療に参加できるか
 3どうして私たちの家族に拒食症が?
むすび
参考資料
用語解説
摂食障害というこころの悲劇についての覚書き=松木邦裕

このページのトップへ

著者情報

D.G.アグマン

A.ゴルジュ

松木 邦裕 監訳

1950年佐賀市に生まれる。1975年熊本大学医学部卒業。1999年精神分析個人開業。現在京都大学大学院教育学研究科教授,日本精神分析協会正会員,日本精神分析学会運営委員。著書 「対象関係論を学ぶ―クライン派精神分析入門―」(岩崎学術出版社),「分析空間での出会い」(人文書院),「分析臨床での発見」(岩崎学術出版社),「私説対象関係論的心理療法入門」(金剛出版),「精神分析体験:ビオンの宇宙―対象関係論を学ぶ立志編―」(岩崎学術出版社),「分析実践での進展」(創元社),「不在論」(創元社),「摂食障害との出会いと挑戦」(共著,岩崎学術出版社)その他。訳書 ケースメント「患者から学ぶ」,「あやまちから学ぶ」,「人生から学ぶ」(訳・監訳,岩崎学術出版社),ビオン「ビオンの臨床セミナー」(共訳,金剛出版),「再考:精神病の精神分析論」(監訳,金剛出版)その他。

鈴木 智美

1959年。東京武蔵野市に生まれる。1987年福岡大学医学部卒業。1993年福岡大学大学院医学研究科卒業。福岡大学病院精神科講師を経て,現在可也病院(福岡)勤務,日本精神分析協会正会員,日本精神分析学会運営委員。

このページのトップへ

関連書籍

耳の傾け方

耳の傾け方

支持的な聴き方から精神分析的リスニングへ

著者:松木 邦裕
 
 

このページのトップへ