ホーム > 間主観的感性

間主観的感性

現代精神分析の最先端

間主観的感性

サイコセラピー練習帳Ⅱ以来,十余年を経てM先生へ語る

著者 丸田 俊彦
ジャンル 精神分析
出版年月日 2002/10/08
ISBN 9784753302093
判型・ページ数 A5・152ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫僅少
 

目次

目次●

1章 エディプス理論の大前提とその再検討―コフートのエディプス理解とその意義
2章 甘えの構造の表と裏―アメリカの子犬は甘えるか?
3章 心的外傷と心的現実
4章 知的洞察vs情緒的絆
5章 「中立性」再考―間主観性理論の立場から
 なぜ今「中立性」が問題になるのか?
 「中立性」技法の原点
 間主観性理論
 中立性神話
 破棄か再定義か将来に向けて
6章 間主観的感性
 間主観性の実践
 間主観性理論におけるいくつかの概念について
 自己心理学と間主観性理論の違い
7章 オーガナイジング・プリンシプルと手順知識
8章 臨床例とそれに対するコメント(森さち子との共著)
終章 心の量子論

このページのトップへ

著者情報

丸田 俊彦

1946年 長野県須坂市に生まれる 1971年 慶應義塾大学医学部卒業 1976年 メイヨ・クリニック精神科レジデント終了 1977年 メイヨ・クリニック精神科コンサルタント 1979年 メイヨ医学部精神科助教授 1980年 米国精神科専門医試験官 1982年 メイヨ医学部精神科準教授 1986年 メイヨ医学部精神科教授 1993年 慶應義塾大学医学部精神神経科客員教授 2004年 放送大学客員教授 2004年 メイヨ・クリニック医科大学精神科名誉教授 2005年 東京大学大学院人文社会系研究科客員教授 専 攻 精神医学 現 職 サイコセラピー・プロセス研究所(IPP)所長 著訳書 短期力動精神療法(岩崎学術出版社 共訳),サイコセラピー練習帳─グレーテルの宝捜し,サイコセラピー練習帳Ⅱ─Dr. Mへの手紙,コフート理論とその周辺,理論により技法はどう変わるか,間主観的感性─現代精神分析の最先端(いずれも岩崎学術出版社),間主観性の軌跡(岩崎学術出版社,共著),乳児の対人世界,間主観的アプローチ臨床入門─意味了解の共同作業,乳児研究から大人の精神療法へ─間主観性さまざま(いずれも岩崎学術出版社,監訳),間主観的アプローチ─コフートの自己心理学を超えて,間主観的な治療の進め方(いずれも岩崎学術出版社,訳),痛みの心理学(中央公論社),その他研究論文多数

このページのトップへ