ホーム > 間主観的感性

間主観的感性

現代精神分析の最先端

間主観的感性

サイコセラピー練習帳Ⅱ以来,十余年を経てM先生へ語る

著者 丸田俊彦
ジャンル 精神分析
出版年月日 2002/10/08
ISBN 9784753302093
判型・ページ数 A5・152ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

目次●

1章 エディプス理論の大前提とその再検討―コフートのエディプス理解とその意義
2章 甘えの構造の表と裏―アメリカの子犬は甘えるか?
3章 心的外傷と心的現実
4章 知的洞察vs情緒的絆
5章 「中立性」再考―間主観性理論の立場から
 なぜ今「中立性」が問題になるのか?
 「中立性」技法の原点
 間主観性理論
 中立性神話
 破棄か再定義か将来に向けて
6章 間主観的感性
 間主観性の実践
 間主観性理論におけるいくつかの概念について
 自己心理学と間主観性理論の違い
7章 オーガナイジング・プリンシプルと手順知識
8章 臨床例とそれに対するコメント(森さち子との共著)
終章 心の量子論

このページのトップへ