ホーム > 中立性と現実

中立性と現実 (単行本)

新しい精神分析理論2

中立性と現実

治療者としてあるべき「態度」とは。その普遍的言語化を試みる

著者 岡野 憲一郎
ジャンル 精神分析
出版年月日 2002/10/08
ISBN 9784753302062
判型・ページ数 A5・264ページ
定価 本体4,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
フォーマット 価格
単行本 4,500円+税
電子書籍 3,600円+税
 

目次

目次●

序文=小此木啓吾
前書き
1部「生きた中立性」と治療者の能動性
 どのようにして「中立性」へと行き着いたか?
 中立性とは何か?
 治療者の受身性と能動性をめぐる中立性
 分析家の能動性の表れとしての自由連想
 精神分析の目的に関する中立性
 弁証法的精神分析について,あるいは偉大なる中立主義者としてのホフマン
2部現実の臨床的意義
 「現実」に至った私の体験
 「現実」の定義とそれに対する私たちの反応の仕方
 エディプス理論も現実の問題に関わってくる
 治療者の役割としての「現実を提供すること」
 現実を対象関係から捉える
 現実の対象といかに出会うか?
 ベンジャミンをさらに読んでみる
 他

このページのトップへ

著者情報

岡野 憲一郎

1982年東京大学医学部卒業,医学博士。1982~85年東京大学精神科病棟および外来部門にて研修。1986年パリ,ネッケル病院にフランス政府給費留学生として研修。1987年渡米,1989~93年オクラホマ大学精神科レジデント,メニンガー・クリニック精神科レジデント1994年 ショウニー郡精神衛生センター医長(トピーカ),カンザスシティー精神分析協会員。2004年4月に帰国,国際医療福祉大学教授を経て現職京都大学大学院教育学研究科臨床心理実践学講座教授,米国精神科専門認定医,国際精神分析協会,米国及び日本精神分析協会正会員,臨床心理士。 著訳書 恥と自己愛の精神分析,新しい精神分析理論,中立性と現実新しい精神分析理論2,解離性障害―多重人格の理解と治療,脳科学と心の臨床,治療的柔構造,新外傷性精神障害─トラウマ理論を越えて,続 解離性障害―脳と身体からみたメカニズムと治療,脳から見える心―臨床心理に生かす脳科学,恥と「自己愛トラウマ」,臨床場面での自己開示と倫理(以上岩崎学術出版社)

このページのトップへ