ホーム > ウィニコット書簡集

ウィニコット書簡集

ウィニコット著作集・別巻1

ウィニコット書簡集

ウィニコット著作集・別巻1

著者 ロッドマン F.R.
北山 修
妙木 浩之
ジャンル 精神分析
出版年月日 2002/08/08
ISBN 9784753302055
判型・ページ数 A5・320ページ
定価 本体5,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

目次●

刊行にあたって=北山修
はじめに
謝辞
前書き
書簡
解題=妙木浩之
人名索引
事項索引

このページのトップへ

内容説明

●精神分析はほぼ百年を経過している。その歴史に残るさまざまな人々が思い浮かぶ。フロイト,アドラー,ユング,そして次世代であるアンナ・フロイト,あるいはフェレンチィ,ランク,ライヒといった人物の理論と臨床がそうである。これからの百年を考えたとき,今後の精神分析に影響のある人物として誰をあげるかと聞かれたとき,私は迷わずメラニー・クラインかウィニコットのどちらかの名前を思いつく。それだけウィニコットの影響は,現在進行中の精神分析のパラダイムをかんがみても計り知れないほど大きい。(解題より)

このページのトップへ

著者情報

ロッドマン F.R.

北山 修

精神分析家・元日本精神分析学会会長・医学博士。1946年淡路島に生まれる。1972年京都府主医科大学卒業。1974~1976年ロン ドン大学精神医学研究所およびモーズレイ病院にて研修。1981~1991年北山医院精神科院長。1986年国際精神分析学会正会員。1991年九州大学教育学部助教授。1994年同教授。2010年まで九州大学大学院人間環境学研究院・医学研究院教授。専攻精神分析学。現職北山精神分析室,白鴎大学特任教授,国際基督教大学客員教授。著書 錯覚と脱錯覚(岩崎学術出版社)北山修著作集〈日本臨床の深層,全3巻〉(岩崎学術出版社)幻滅論(みすず書房)共視論(共著,講談社)劇的な精神分析入門(みすず書房)最後の授業(みすず書房)フロイトと日本人(編著,岩崎学術出版社)覆いをとること・つくること(岩崎学術出版社)その他多数。 訳書 ウィニコット=小児医学から精神分析へ,抱えることと解釈(以上監訳,岩崎学術出版社)ストレイチー=フロイト全著作解説(監訳,人文書院),フロイト=「ねずみ男」精神分析の記録(監訳,人文書院)その他多数。

妙木 浩之

1987年 上智大学文学研究科博士後期課程満期退学。 北山研究所,佐賀医科大学助教授,久留米大学文学部助教授を経て現職。 専 攻 臨床心理学・精神分析学 現 職 南青山心理相談室他セラピスト・東京国際大学人間社会学部教授 著 書: 『父親崩壊』,『心理経済学のすすめ』(ともに新書館),『こころと経済』(産業図書),『フロイト入門』(ちくま新書),『好きできらいで好き』(日本放送出版協会),『エディプス・コンプレックス論争』(講談社),『精神分析における言葉の活用』(金剛出版),『大人のための精神分析入門』(近刊)他

このページのトップへ