ホーム > 精神療法面接のコツ

精神療法面接のコツ

精神療法面接のコツ

「診断面接のコツ」に続く待望の臨床羅針盤

著者 神田橋 條治
ジャンル 心理療法・カウンセリング
出版年月日 1990/09/03
ISBN 9784753390052
判型・ページ数 4-6・246ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

目次●
 
まえがき
1章 精神療法を志す人へ
2章 精神療法における一般的心得
3章 対話精神療法とは
4章 学習と文化
5章 対話精神療法の進め方(その1)抱え環境の育成
6章 対話精神療法の進め方(その2)治療操作
7章 厄介な症例
8章 関係の中の治療者と被治療者
9章 特殊な状況
10章 精神療法家のトレーニング
11章 落穂拾い
あとがき

このページのトップへ

内容説明

●ひとりの精神医学者として「この道をわが道と思い定め」,精神療法の臨床で創造と検証を重ねてきた著者が,名著『精神科診断面接のコツ』に続け,渾心の布石を整えて書き下ろした,精神療法の真髄。専門家はもとより,ヒトの「心」に関心をもつ方々すべてに。

このページのトップへ

著者情報

神田橋 條治

1937年鹿児島県加治木町に生まれる。1961年九州大学医学部卒業。1971~72年モーズレー病院ならびにタビストックに留学。1962~84年九州大学医学部精神神経科,精神分析療法専攻 現在鹿児島市伊敷病院。 著書 精神科診断面接のコツ,追補精神科診断面接のコツ,精神療法面接のコツ,精神科養生のコツ,改訂精神科養生のコツ,発想の航跡,発想の航跡2,発想の航跡3<未刊>,「現場からの治療論」という物語(いずれも岩崎学術出版社) 治療のこころ1~14,対話精神療法の初心者への手引き,臨床能力を育てる(いずれも花クリニック神田橋研究会),ちばの集い1~4(ちば心理教育研究所),精神科における養生と薬物(共著,診療新社),不確かさの中を(共著),スクールカウンセリングモデル100例(共著),「本」を遊ぶ(いずれも創元社),精神科薬物治療を語ろう(共著,日本評論社),うつ病治療(共著,メディカルレビュー社),発達障害は治りますか?(共著,花風社) 訳書 H. スポトニッツ=精神分裂病の精神分析(共訳),C.ライタロフト=想像と現実(共訳),A.クリス=自由連想 (共訳),M.I.リトル=精神病水準の不安と庇護(ウィニコットとの精神分析の記録),M.I.リトル=原初なる一を求めて(共訳)(いずれも岩崎学術出版社),M.M.ギル=転移分析(共訳)(金剛出版)

このページのトップへ