ホーム > 遊ぶことと現実

遊ぶことと現実

現代精神分析双書第Ⅱ期・4

遊ぶことと現実

現代精神分析双書第Ⅱ期・4

著者 ウィニコット D.W.
橋本雅雄
ジャンル 精神分析
出版年月日 1979/03/30
ISBN 9784753379019
判型・ページ数 A5・280ページ
定価 本体4,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

目次●
 
1移行対象と移行現象
2夢を見ること,空想をすること,生活をすること:一次的解離を示す病歴
3遊ぶこと:理論的陳述
4遊ぶこと:創造活動と自己の探究
5創造性とその起源
6対象の使用と同一視を通して関係すること
7文化的体験の位置づけ
8私たちの生きている場
9小児発達における母親と家族の鏡としての役割
10相互に関係すること:本能欲動の面からでなく交叉同一視の面からの考察
11青年期発達の現代的概念とその高等教育に対してもつ意味
解題=橋本雅雄

このページのトップへ

内容説明

●革命的な治療者と呼ばれたウィニコットの最後の論文集。思弁のための理論ではなく,常に臨床に帰ってゆく実践的な治療論。

このページのトップへ

関連書籍

改訳 遊ぶことと現実

改訳 遊ぶことと現実

臨床家ウィニコットの思索の到達点

 
 

このページのトップへ