ホーム > 精神分析技法論

精神分析技法論

現代精神分析双書第Ⅰ期・2

精神分析技法論

現代精神分析双書第Ⅰ期・2

著者 メニンガー K.
小此木啓吾
岩崎徹也
ジャンル 精神分析
出版年月日 1969/04/25
ISBN 9784753369034
判型・ページ数 A5・304ページ
定価 本体4,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

目次●
 
日本語版への序文
序文
1章 序論と歴史的概説
2章 契約―二人の当事者が行なうひとつの取り引きとして成立する精神分析療法状況
3章 退行―精神分析療法の治療状況に対する第一の当事者(患者)の反応
4章 転移と逆転移―治療過程における第二の当事者(分析医)の不随意的な関与
5章 抵抗―第一の当事者が示す契約目的に反するような矛盾した傾向
6章 解釈とその他の働きかけ―第二の当事者の随意的関与
7章 契約の終結―二人の当事者の離別
解題=小此木啓吾・岩崎徹也
 対人関係論的観点
 治療契約論
 精神療法力学と退行理論
 精神療法論として
参考文献
訳者あとがき
索引

このページのトップへ