ホーム > 言葉の橋渡し機能―およびその壁

言葉の橋渡し機能―およびその壁

北山修著作集《日本語臨床の深層》2

言葉の橋渡し機能―およびその壁

言葉と臨床についての10年の成果を収録した。

著者 北山修
ジャンル 精神分析
出版年月日 1993/07/05
ISBN 9784753393091
判型・ページ数 A5・208ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

目次●

言語と象徴―身体内容の象徴としての言葉
国語を共有することと解釈―国語発想論的解釈
両義的な言葉の橋渡し機能について
精神療法における比喩の使用について―錯覚の中間項
妄想患者の治療における比喩の発生―6年前の治療記録から学ぶ
文字通りの経験が比喩になる過程―「橋架け」の過程
冗談と比喩―フロイトの機知研究から学ぶ
匂わすことと明確にすること
二者言語と三者言語
比喩化と「織り込み」について
劇化と比喩化について
初診における比喩の使用
創造と解釈
精神分析理論の諸特徴について
あとがき

このページのトップへ