ホーム > 精神分析への最後の貢献─フェレンツィ後期著作集

精神分析への最後の貢献─フェレンツィ後期著作集

精神分析への最後の貢献─フェレンツィ後期著作集

精神分析の『恐るべき子ども』フェレンツィの先駆的著作を初訳

著者 フェレンツィ S.
森茂起
大塚紳一郎
長野真奈
ジャンル 精神分析
出版年月日 2007/12/20
ISBN 9784753307135
判型・ページ数 A5・256ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

●目 次
精神分析における「積極技法」のさらなる拡張(一九二一)
強制空想について──連想技法における積極性(一九二四)
不快感の肯定の問題──現実感覚の認識における進歩(一九二六)
積極的精神分析技法の禁忌(一九二六)
精神分析技法の柔軟性(一九二八)
家族の子どもへの適応(一九二八)
分析終結の問題(一九二八)
望まれない子どもと死の欲動(一九二九)
リラクセイション原理と新カタルシス(一九三〇)
大人との子ども分析(一九三一)
大人と子どもの間の言葉の混乱──やさしさの言葉と情熱の言葉(一九三三)
「断片と覚書」
外傷と対象関係 マイケル・バリント
あとがき
索  引

このページのトップへ

内容説明

●「あとがき」より抜粋  本書はフェレンツィの仕事を一冊の著作集で紹介することを目指し、重要性を基準に選択して編んだものである。『臨床日記』をすでに日本の読者に届けたので、私としては二冊目のフェレンツィの翻訳となる。  フェレンツィが精神分析史の記述に欠かすことのできない、最も重要な分析家の一人であることは誰も否定しない事実である。世代的には、フロイトより17歳年下、ユングとほぼ同年代に属し、フェレンツィ自身が言うように「生徒でもあり教師でもある」位置に立つ。1909年のフロイトとユングのアメリカ講演旅行に同行し、講演の記念写真に写るフェレンツィの姿は、少しでもフロイトの生涯や精神分析史に関心を持てば誰もが目にしたことがあるはずである。しかしそれだけ知られているにもかかわらず、日本におけるフェレンツィの理論と実践の紹介は、ながらく極めて限られたものであった。『臨床日記』が死の前年に書かれた特殊な遺作であることを考えると、フェレンツィ晩年の主要著作は本書によってはじめて紹介されることになる。  精神分析の世界に入ってからのフェレンツィの仕事は、一方の「性理論」に向かう理論的追求と他方の技法の革新という二つの流れとして整理できるだろう。前者の代表は英語版で『タラッサthalassa』(ギリシャ語で海)と名づけられている『性理論の試み』である。他方の技法論は、積極療法の一部を構成する期間限定療法を提案するランクとの共著『精神分析の発展目標』を生み、続いて独自の「積極技法」の展開、さらに「新カタルシス」「リラクセイション」の導入にいたる。この過程を記したものが本書に収録した諸論文である。  子どもに対する性暴力の存在を訴え、心的現実よりは外的現実を重視する方向に向かった晩年のフェレンツィの仕事は、外面的には精神分析界から排除され、一時期はフェレンツィについて語ることさえタブーのようになった。  しかし、フェレンツィの仕事の影響は、その後の精神分析の歴史に深く浸透している。本書のあらゆる場所に引用されるフェレンツィと同時代を生きた分析家たちの手によって、フェレンツィの業績はそれと名指されないまま形を変えて受け継がれている。フェレンツィ、アブラハムに分析を受けた後イギリスに渡ったメラニー・クラインの仕事に影響を与えただけでなく、クラインに続く分析家ウィルフレッド・ビオンの仕事からも、晩年のフェレンツィへの共鳴音が聞こえてくる。「断片と覚書」に見られる、「知性の発生」、「思考」、「抽象」などに関する議論がその例であり、外傷問題がその背景にあることも共通する。あるいは、乳幼児の母子関係に注目する「家族の子どもへの適応」の議論は、「乳幼児観察」として発展した戦後の乳幼児研究の先駆けといえるであろう。  さらに指摘するなら、フェレンツィの発見や主張は、「精神分析」の名のもとで論じうる範囲を超えており、「心理療法」という広い文脈で理解する方がふさわしいのではないかと私には思える。 森 茂起
■■本書のみどころ(「大人と子どもの間の言葉の混乱(一九三三)」より抜粋)■■

このページのトップへ