ホーム > 学校現場に生かす精神分析【実践編】

学校現場に生かす精神分析【実践編】

─学ぶことの関係性

学校現場に生かす精神分析【実践編】

精神分析的思考を学校臨床に生かすための具体的な手がかりを示す

著者 ヨーエル B.
平井正三
鈴木誠
ジャンル 心理療法・カウンセリング
精神分析
発達・思春期・老年
出版年月日 2009/08/25
ISBN 9784753309078
判型・ページ数 A5・224ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

[主要目次]
 
はじめに
第1章 「赤ちゃんはどこから来るの?」──子どもに学びたいと思わせるのは何か
第2章 理論的概観──精神分析の概念とその応用入門
第3章 遊び、遊び感覚、学ぶこと
第4章 潜?伏?期
第5章 青?年?期
第6章 はじまり、おわり、移行
第7章 行動を理解すること──教室での洞察と観察の価値
第8章 特別支援教育
第9章 学校の集団力動
第10章 投影のプロセス──「ギャング」集団、いじめ、人種差別
第11章 家族と学校
第12章 査定、評価、視察
第13章 統合、排除、自己排除

このページのトップへ

内容説明

あとがきより抜粋■  現代日本の公立小中学校には、すぐには解決できそうもない問題が山積している。さまざまな水準で教育改革が続けられているが、問題は一向に減っていかない。むしろ増えているような印象すらある。なかでも本書の中心テーマでもある「学ぶことができない子ども」の問題は、教育機関である学校の深刻な問題のひとつである。これは特別支援教育として論じられる類のものだけではない。また最近では、学校機能の中心ともいえる「授業」が成立しないという問題も際立ってきている。この「授業が成立しない」という現象は、学校現場をじかに見る機会のない人にとっては、なかなか想像しにくいのだろう。そのためしばしば、学習内容の量の問題、教師の指導力不足や子どもの躾の問題として片付けられてしまう。しかし多くの場合、事態はそれほど単純なものではない。 本書を読み進めると、学校現場の抱える問題の深刻さが、洋の東西を問わないことがよく理解できる。教師たちは、日夜、すぐには「解決できない問題」の「解決」を求めて子どものために奔走しつづけている。それはこうした問題に直面する大人に、つよい焦燥感と切迫感を喚起するからである。そして無力感や憤りに加え、羨望などの強烈な情緒も交錯して、奔走する大人たちの思考はじわじわと侵食されていく。やがて大人の思慮深さや理性的に考える力が損なわれ、考えなしに行動したり、激しい意見対立によって同僚や関係機関との協働も破壊され、ステレオタイプな対応に終始したり、予測可能な問題でも実際に事が起きるまで何もできず、後手後手の対応に振り回されることになる。つまり「わけも分からず」対応に忙殺され消耗し、現実感覚までもが失われていくのである。いわゆる「荒れる学校」や「学級崩壊」のなかで生じる教職員の士気の低下や機能不全、病気休職などの背景には、しばしばこうしたプロセスを見て取れる。 本書では、既存の精神分析の概念や集団力動の概念を応用して、こうした「解決できない問題」をせめて「考えることのできる問題」に変容させ、大人の現実感覚の喪失や機能障害を克服していくための手がかりが提示されている。なかでも乳幼児観察の応用、コンテインド/コンテイナーのモデル、コンテインメント、集団心性の理論、妄想・分裂ポジションの観点からの非行やいじめの心性へのアプローチは、実際の学校現場で役立つ卓越した考察である。 本書で展開されている精神分析の学校への応用とは、精神分析的実践やその思考プロセスを教育の営みのひとつとして取り入れ、その得られた理解を教育実践に役立たせることに力点が置かれている。 本書では精神分析の応用として、学習理論、精神発達や集団心性の理論、学校が直面する今日的な問題などの考察が網羅されている。その意味で本書は、精神分析的な「教育心理学のテキスト」としての意義をもっていると思う。 (鈴木誠

このページのトップへ

関連書籍

児童分析家の語る子どものこころの育ち

児童分析家の語る子どものこころの育ち

親子の結びつきの観点から問い直す心の育ち

 
ワーク・ディスカッション

ワーク・ディスカッション

対人援助職が臨床現場で燃え尽きないために

 
 

このページのトップへ