ホーム > トラウマの精神分析

トラウマの精神分析

自伝的・哲学的省察

トラウマの精神分析

精神分析家が自らの体験をもとにトラウマの本質に迫る

著者 ストロロウR.D.
和田秀樹
ジャンル 精神医学・精神医療
精神分析
出版年月日 2009/11/06
ISBN 9784753309146
判型・ページ数 A5・136ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

目次● 
 
日本語版序文
序 文
 
1 情緒生活のコンテクスチュアリティ
2 情緒的トラウマのコンテクスチュアリティ
3 トラウマの現象学と日常生活の絶対性
4 トラウマと時間性
5 トラウマと「存在論的無意識」
6 不安,本来性とトラウマ
7 結語──「同じ闇の中の同胞」
参考文献
 
日本語版付録 ストロロウと訳者の対話
解 説
索 引

このページのトップへ

内容説明

第1章より抜粋■  精神分析の世界では,長年にわたり繰り広げられてきた議論がある。それは,治療上の変化のプロセスにおいて,認知的な洞察と情動的なアタッチメントのどちらが主役をなすのかという問題に関するものである。この議論の際に用いられてきたこれらの用語こそが,人間の体験を認知的領域と情動的な領域に区分したデカルト哲学の二分法に直接的に由来したものである。ポストデカルト派の哲学の世界において,このように人為的に人間の主観性を分割することは,もはや理にかなったものとはいえない。認知と情動,思考と感情,そして解釈することと関係をもつことは,実体をもたず,現実に根付いておらず,コンテクストから切り離されたcogito(「我思う」)なる独立(隔絶)した心という教義を産み出した,まさに非常に孤独な男であるデカルト自身の場合のように,病的な場合においてのみ,分離可能なのである。  精神分析の解釈の治療作用は,それがもたらす洞察だけではなく,それが分析家がその患者の情動生活にどの程度波長を合わせることができたかを示す程度にも存することを認識することができれば,解釈を通じた洞察と分析家との情緒的なつながりという二分法は偽りのものであることが明らかになる。よい(つまり,変化を引き起こすような)解釈とは関係性のプロセスであり,その中核的な構成要素は,患者が自らの感情をわかってもらえたという体験であることを,私は長きにわたって主張してきた。さらには,その変化を引き起こす力を与えるのは,わかってもらえているという体験の,特定の転移的な意味なのである。というのは,患者は,分析的なかかわりあいで呼び起こされた発達上のさまざまな願望のつづれ織りの中に,その体験を織り込んでゆくからである。  解釈は患者と分析家の間の情緒的な関係を離れては存在しえない。それは分離不能なものであって,私が思うに,この関係性の中で決定的な次元といえるものである。相互主観性システム理論の用語でいうなら,昔からある,反復され続けてきたオーガナイジング原則を省察的に認識する患者の能力の,解釈による高まりは,分析家との間の現在進行形の関係性の体験の持つ情動的な影響や意味づけと同時並行して起こるものなのだ。両者は,体験をオーガナイズする代わりのいくつかの原則が利用可能なものとなっていくことを確立していく,一つの治療プロセスにおける分かちがたい構成要素であり,この新たなオーガナイジング原則によって患者の情緒的領域は拡張され,より豊かなものとなり,より柔軟でより複雑なものになっていくことができるのである。この発達プロセスが維持されるためには,分析的な絆が,心の不安定化と再構成の循環に付随的に生じる,苦痛で,恐ろしい情動状態に耐えぬけないといけない。そして,精神分析における相互主観的な場の中での情動体験に対して臨床的な焦点を当てていくことが,多くの点で治療上の変化のプロセスをコンテクスト化していくことは明らかなことなのである。

このページのトップへ