ホーム > 続・精神分析という営み

続・精神分析という営み

本物の時間をもとめて

続・精神分析という営み

前著から7年の時を経て待望の続編。逆説をもちこたえるパーソナルな体験

著者 藤山 直樹
ジャンル 心理療法・カウンセリング
精神分析
出版年月日 2010/10/22
ISBN 9784753310111
判型・ページ数 A5・216ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

目次●
 
 まえがき
第Ⅰ部 解釈はどのようにはたらくのか
 第一章 解釈が用いられること──出発点での論考
 第二章 解釈──空間を生み出すもの、空間が生み出すもの
 第三章 本物の物語が生まれる場所
第Ⅱ部 精神分析の喜び
 第四章 含羞み──「甘え」を幸福に見知られること
 第五章 幸福な瞬間について
第Ⅲ部 力動的精神科臨床・心理臨床に語りかける
 第六章 「支持」という言葉を考える
 第七章 子どもの心的変化の「容れ物」としての親面接について
 第八章 こころの臨床実践の場をめぐるもの思い
第Ⅳ部 精神分析の実践を構成するもの
 第九章 訓練分析と分析家になること
 第十章 プロセスノートを書くという営み
 第十一章 自由連想という逆説

 あとがき
 初出一覧
 文  献
 索  引

このページのトップへ

内容説明

まえがきより抜粋●  この書名は、当然、『精神分析という営み』という2003年に出版した書物との連続性を意識している。精神分析が人間と人間とのあいだに生じるひとつの本来的な営みであるという基本的な考え方は同じであるし、私の書いたもののなかでより臨床的である(より理論的でない、ということだが)ものを集めて編んだ物であることも同じであ る。ただ、前作は一冊がまるごと、治療の空間と心的な空間というアイデアに向けて書かれていたが、今回はいくつかのトピックに分けて構成することにした。     *  読者の道しるべのために、各部がどのような意図で編まれたかを書いておこう。  第Ⅰ部は解釈という精神分析家にとって最も重要な仕事について考えた論文を集めてある。私は解釈するという分析家の行ない、そしてそれに焦点づけてそこにいる分析家の存在が、精神分析にとってきわめて重要であると考えているが、それがどのような意味で重要であるのかは、一筋縄でいかない問題だと思う。  第Ⅱ部は精神分析実践のなかで生じる、喜びや進展というものについて、書いてみた。精神分析的実践は患者のためになされる。しかし、それを私たちが続けているときに私たちに何の喜びがないはずはない。そのことに明示的にもしくは暗黙に触れているものを集めた。  第Ⅲ部は、精神分析が隣の領域、精神医療や心理臨床などに何かもたらすとしたら、どのようなことだろう、という問題意識が読み取れるものを集めてみた。私は精神科医であり、これからも精神医療のなかでわずかにでも活動するだろう。精神分析と隣接する諸領域とについて、これからも絶えず考えていかなければならないのだろう。  第Ⅳ部は、第一部と対になっている部であり、精神分析実践を行なう精神分析家を支えているもの、精神分析にとっての必須のアイテムについて考えたものを集めて編んだ。精神分析らしさを形にする重要なものごとを描こうとした。そのようなアイテムなしで、精神分析という営みは考えられないのである。     *  書くということは、書けないということに直面するためにあるように思う。精神分析という営みは書けない。しかし、分析家たちは書こうとしてきたし、私もこうして書いている。これからもきっと書いてしまうだろう。すべてのアート、技芸は書けない。それでも人間はそれについて書こうとする。  私たちが書けないことを書こうとすることは、精神分析が語れないものを扱おうとしていながら、患者にはとにかく語れと要請し、精神分析家も解釈を語ろうとし続けるということと照応している。書けるようなものについて書いてもしかたない、語れるものについて語ってもしかたない、ということなのだろうか。  この本の隠れた主題だと思われる「本物性」、「生きた時間」に触れるということは、そうした断念の先に生まれるもののようだ。  ともかくも読んでいただければうれしく思う。

このページのトップへ

著者情報

藤山 直樹

1953年福岡県に生れる。幼少期を山口県の瀬戸内海岸で育つ。1978年東京大学医学部卒業。その後,帝京大学医学部助手,東京大学保健センター講師,日本女子大学人間社会学部教授を経て,現在上智大学総合人間科学部心理学科教授,東京神宮前にて個人開業,国際精神分析学会会員,日本精神分析協会訓練分析家,日本精神分析協会運営委員,日本精神分析学会運営委員,小寺記念精神分析研究財団理事長。 著訳書 精神分析という営み―生きた空間をもとめて,続・精神分析という営み―本物の時間をもとめて,精神分析という語らい(以上,岩崎学術出版社)心のゆとりを考える(日本放送出版協会)転移-逆転移(共著,人文書院),「甘え」について考える(共編著,星和書店)オグデン=こころのマトリックス(訳,岩崎学術出版社)サンドラー=患者と分析者[第2版](共訳,誠信書房)現代フロイト読本1・2(共編著,みすず書房)集中講義・精神分析 上・下,精神分析という語らい,認知行動療法と精神分析が出会ったら―こころの臨床達人対談(以上,岩崎学術出版社),落語の国の精神分析(みすず書房)フロイト=フロイト技法論集(岩崎学術出版社)他

このページのトップへ

関連書籍

フロイト症例論集2

フロイト症例論集2

二大症例を読みやすい日本語で訳出

著者:S.フロイト
藤山 直樹 編訳
 
認知行動療法と精神分析が出会ったら

認知行動療法と精神分析が出会ったら

実践を知り尽くした両氏が語る臨床の醍醐味

 
 

このページのトップへ