ホーム > トラウマの現実に向き合う

トラウマの現実に向き合う

ジャッジメントを手放すということ

目次

目次●

はじめに
 
第1章 「不信」という現実に向き合う──治療の土台づくり
「トラウマ患者との出会い」からトラウマの認識まで/トラウマ患者に信頼されるということ/ジャッジメントという暴力/トラウマ治療において特にジャッジメントに注意しなければならない理由/アセスメントとジャッジメント/治療によるトラウマ/治療によるトラウマに向き合う基本姿勢
第2章 「コントロール感覚の喪失」という現実に向き合う──治療のメインテーマ
トラウマ体験=コントロール感覚の喪失/「役割の変化」/「役割の変化」の治療/コントロール感覚の回復につながる態度
第3章 「病気」という現実に向き合う──治療の位置づけ
「病気扱い」が嫌われる理由/PTSDは「怪我」か「病気」か/「医学モデル」が持つ意味/対人関係上の役割期待のずれを埋める/役割期待のずれとジャッジメント/回復のプロセスと病気/「患者に変化を起こすこと」と「患者を変えること」の違い/「治療法の選択」のためのアセスメント
第4章 「文脈」という現実に向き合う──トラウマの位置づけ
本人の文脈を理解するということ/「明確化」か「解釈」か/指標としての違和感/境界性パーソナリティ障害と複雑性PTSD/「ボーダー」という偏見/治療という文脈におけるトラウマ
第5章 「身近な人たち」の現実に向き合う──トラウマと対人関係
トラウマ症状は身近な人間関係に影響を与える/患者の不和の相手がトラウマ体験者である場合が多い/患者にトラウマ体験を与えた相手が身近な生活圏にいることがある
第6章 「ジャッジメント」の現実に向き合う──燃え尽きを防ぐ
治療者・支援者にとってのジャッジメント/「トラウマ体験者の支援」という「役割の変化」/「境界設定」の意味/「境界設定」という「役割期待の調整」/「かわいそう」というジャッジメント/ジャッジメントを手放すということ/相手の現在に集中するということ/トラウマ体験者は「かわいそう」なのか/トラウマ体験者の味方でいるということ
第7章 治療者自身の現実に向き合う──自らの価値観やトラウマ
治療者自身のトラウマ/自らのトラウマに向き合う/治療者の価値観の位置づけ/「形」へのとらわれを手放す/トラウマと社会正義
第8章 「トラウマ体験」という現実に向き合う──ゆるすということ
トラウマと「ゆるし」/対象喪失としてのトラウマ体験/「ゆるし」という究極の選択/自分自身を「ゆるす」ということ
 
 文  献
 あとがき

--------------------------------------
水島広子(みずしま ひろこ)
1992年 慶應義塾大学医学部卒業
1992年 慶應義塾大学医学部精神神経科勤務
1999年 慶應義塾大学大学院修了(医学博士)
現 在 対人関係療法専門クリニック院長,慶應義塾大学医学部非常勤講師(精神神経科),対人関係療法勉強会代表世話人,アティテューディナル・ヒーリング・ジャパン代表
著 書 怖れを手放す─アティテューディナル・ヒーリング入門ワークショップ(星和書店),自分でできる対人関係療法(創元社),拒食症・過食症を対人関係療法で治す(紀伊國屋書店),臨床家のための対人関係療法入門ガイド(創元社),対人関係療法マスターブック──効果的な治療の本質(金剛出版),対人関係療法でなおす うつ病(創元社),対人関係療法でなおす 社交不安障害(創元社),摂食障害の不安に向き合う──対人関係療法によるアプローチ(岩崎学術出版社)他
訳 書 探すのをやめたとき愛は見つかる,臨床家のための対人関係療法クイックガイド,グループ対人関係療法(以上創元社),対人関係療法総合ガイド(岩崎学術出版社)他

このページのトップへ

内容説明

トラウマ治療において、「安全」というテーマを終始一貫して守ることは生命線だと思う。これは特定の戦略や技法以上にずっと大切なことである。もちろん特定の戦略や技法は効果的な治療のための必要条件だとは思うが、十分条件ではない。そもそもが、「持続エクスポージャー療法など、トラウマ関連の病気に対する治療法を知っていること」と、「実際に臨床の場でトラウマ体験者の役に立つこと」とは必ずしも一致しない。  治療関係も一つの人間関係である以上、「信頼」というテーマを抱えたトラウマ体験者にとって、治療に入るということは多大なる勇気を必要とする場合も少なくない。患者に初めて会ってから、「トラウマ関連の病気に対する治療法」に入るまでの間が、ある意味では最も治療的なプロセスを要するとも言える。  治療導入の難しさだけでなく、一歩間違えると、すでに傷つきやすくなっている人をさらに傷つけ、すでに対人不信を持っている人をさらに対人不信に陥らせてしまう。また、治療者側の姿勢によっては、容易に燃え尽きてしまう領域でもある。「どのような姿勢でトラウマ体験者に向き合うか」ということは、個別の治療戦略や技法よりもさらに本質的に、治療の成否に関わることだと思う。個別の治療戦略や技法について言えば、そもそも、どんな治療法も万能ではなく(そしてそれを用いるどんな治療者も万能ではなく)、ある患者にとってある治療者によるある治療法の効果がうまく出ない、ということは当然起こりうることである。  本書を通してトラウマ治療に向き合う治療者の姿勢について考えていきたいが、今までに多くのトラウマ体験者に関わってきた経験からは、その鍵は、「治療者は病気の専門家ではあるが、人間の専門家ではない」というところにあると私は思っている。治療者が立ち入れるのは、病気に関する部分だけである。その点を忘れてしまい、人間としての相手に評価を下してしまうところにさまざまな問題が起こってくるのだと思う。そこに支配関係が生まれたり、新たなトラウマが発生したり、治療への絶望感が起こったり、治療者の燃え尽きが生じたりするのだ。「治療者は病気の専門家」という部分は、成功する治療を支える重要な要素であり、決して軽視すべきことではない。しかし、それが本当に発揮されるのは、「治療者は人間の専門家ではない」という部分が十分に認識されたときなのだと私は信じている。これは実はどんな病気についても言えることだが、ことトラウマ関連の病気については特に意識すべきことだと思う。  本書ではこの点を掘り下げながら、トラウマに向き合う治療姿勢について考えていきたいと思う。トラウマを持つ人の役に真に立ちたいと思っている方、自らの燃え尽きや苛立ちを感じつつある方のお役に立てば幸いである。

このページのトップへ