ホーム > 改訂第2版 パーソナリティ障害の認知療法 全訳版

改訂第2版 パーソナリティ障害の認知療法 全訳版

目次

目次●
第Ⅰ部 歴史,理論,研究  
 第1章 パーソナリティ障害の認知療法:概観
 第2章 パーソナリティ障害の理論
 第3章 パーソナリティ障害のアセスメント
 第4章 一般原則と特殊な技法
 第5章 パーソナリティ障害の認知療法における治療関係
第Ⅱ部 臨床応用
 第6章 妄想性パーソナリティ障害
 第7章 統合失調質パーソナリティ障害と統合失調型パーソナリティ障害  
 第8章 反社会性パーソナリティ障害
 第9章 境界性パーソナリティ障害
 第10章 演技性パーソナリティ障害
 第11章 自己愛性パーソナリティ障害
 第12章 依存性パーソナリティ障害
 第13章 回避性パーソナリティ障害
 第14章 強迫性パーソナリティ障害
 第15章 受動攻撃性パーソナリティ障害(拒絶性パーソナリティ障害)
 第16章 将来の統合と展望
 
------------------------------------------
Aaron T. Beck, MD
 ペンシルべニア大学精神医学教授であり,ベック認知療法研究所の所長である。500以上の論文を著し,専門的な科学団体から数多くの栄誉を受けている。その中には「アメリカのノーベル賞」といわれているラスカー臨床医学研究賞も含まれている。Beck博士は長くパーソナリティ障害に取り組んできており,境界性パーソナリティ障害の認知療法に関する2つの研究にかかわっている。
Arthur Freeman, EdD, ABPP, ACT
 イリノイ州ユニバーシィティパークにあるガバナーズ州立大学の客員教授であり,フィラデルフィアのオステオパシー医科大学の臨床教授である。行動療法促進協会と国際認知療法学会の会長を務めている。認知療法アカデミーの名誉創設特別会員であり,臨床心理学,行動心理学,家族心理学の領域で,アメリカ専門心理委員会から認定資格を取得している。Freeman博士は,夫婦療法と家族療法,うつと不安,パーソナリティ障害の認知行動療法に関心をもって,研究と臨床を行っている。

このページのトップへ

内容説明

「監訳者あとがき」より● 認知療法は治療技法の集合体ではなく,a system of psychotherapyである。数ある心理学的治療にあって,精神療法の名に値するためには,いくつかの基準を満たす必要がある。列挙すると,(1) パーソナリティと精神病理に関する理論が存在すること,(2) 理論を裏付ける研究成果が存在すること,(3) 理論との整合性をもった治療技法の選択がなされること,(4) 治療効果が科学的に実証されること,である。 基準の第1である理論について本書では,パーソナリティとその病理がスキーマという観点から論じられる。スキーマは,認知と情動と動因という諸過程が依拠する基本構造であり,パーソナリティの基本単位とされる。スキーマには,認知的スキーマだけでなく,情動的スキーマ,動因的スキーマ,道具的スキーマや制御スキーマまでが区別される。しかも構造として横断的に定義されるスキーマが,縦断的な発達過程の中に位置づけられる。基準の第4にある効果研究の成果も,十分とは言えないまでも,着々と蓄積されていることが,本書の第1章に詳しい。 個々の患者に関する認知的概念化に基づいて,治療技法の選択がなされ,一定の効果が得られていく,決して短くはない過程は,それぞれのパーソナリティ障害への認知療法を論じた第Ⅱ部に詳しい。読者諸氏は受け持ち患者の臨床像と照合しながら,その治療に多少なりとも資する「何か」を求めて,繰り返し本書を参照されることだろう。本訳書の主題はパーソナリティ障害である。しかし,限られた患者の治療だけでなく,さらに多くの患者に対する認知療法にも応用できるヒントが発見できるかもしれない。たとえば,スキーマである。パーソナリティの基本構造である以上,スキーマはどのような患者にも認められるはずである。地表につねに露呈した鉱脈のようなスキーマではなく,病期に限って顕在化するスキーマを推測することは,うつ病性障害や不安障害の治療でも重要である。パーソナリティ障害における純度の高いスキーマを希釈するとき,パーソナリティ障害のスキーマと定性的には区別できないスキーマを,いわゆる第Ⅰ軸の障害にも見出すことになるだろう。Aaron T. Beckの著作は枚挙にいとまがないが,監訳者の知る限り,"Cognitive Therapy of Personality Disorders""だけが改訂第2版を公にしている。初版以来およそ15年,パーソナリティ障害に対する認知療法が,固定された完了形ではなく,なおも途上にあり続け,今後さらに進展しうる可能態であることを実感できるだろう。監訳に関わったひとりとして,そうであることを期待したい。

このページのトップへ