ホーム > 関係精神分析入門

関係精神分析入門

治療体験のリアリティを求めて

関係精神分析入門

治療者・患者の現実の二者関係に焦点を当てる

著者 岡野憲一郎
吾妻壮
富樫公一
横井公一
ジャンル 精神分析
出版年月日 2011/11/09
ISBN 9784753310333
判型・ページ数 A5・272ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

目次●
まえがきに代えて  丸田 俊彦
第1部 関係精神分析とは何か
第1章 関係精神分析の展望
第2章 関係性精神分析の成り立ちとその基本概念について
第3章 関係精神分析の感性の起源──対象概念の復権という視点から
第2部 関係精神分析成立に貢献した人々
第4章 ミッチェルの功績
第5章 グリーンバーグの功績──ラジカルな中道派
第6章 ギルの功績
第7章 コフート,ストロロウの功績
第8章 サリヴァンの功績
第3部 関係精神分析のさまざまな論理的基盤
第9章 関係精神分析と自己心理学
第10章 システム理論との違い
第11章 関係精神分析と乳児研究──ボストン・グループ他
第12章 関係精神分析と生物学的な研究
第13章 関係精神分析と複雑系の理論
第14章 ホフマンの業績と構築主義的精神分析
第4部 関係精神分析の治療と技法
第15章 ミッチェルの治療論
第16章 関係精神分析の治療技法
-----------------------------
岡野憲一郎(おかの けんいちろう)
1982年 東京大学医学部卒業,医学博士
国際医療福祉大学教授

吾妻 壮(あがつま そう)
1998年 大阪大学医学部卒業
大阪大学大学院医学研究系研究科精神医学教室

富樫公一(とがし こういち)
1995年 愛知教育大学大学院教育学研究科 修士課程修了
広島国際大学大学院准教授,TRISP自己心理学研究所精神分析家,栄橋心理相談室精神分析家

横井公一(よこい こういち)
1982年 金沢大学医学部卒業
関西福祉科学大学大学院社会福祉学研究科教授

このページのトップへ

内容説明

精神分析の基本原則に徹することで生じるさまざまな矛盾,中立性や匿名性が内包する諸問題,患者の側に立った視点の欠如,無意識の不可知性等の問題や視点は,関係精神分析の機関誌とも言える『精神分析的対話』を紐解けば,異なる論者により繰り返し取り上げられていることがわかる。彼らが異口同音に指摘するのは伝統的な精神分析理論の限界や問題点であるが,それらは患者主権の治療を目指すというヒューマニズムに一貫して裏打ちされているように感じられる。彼らの議論はいかに過激で偶像破壊的であっても,精神分析を侵害するのではなく,逆にそれに活力を与え,新しい精神分析を構築するというエネルギーに満ちているのである。  関係精神分析において頻繁にテーマとして取り上げられ,先駆者ミッチェルが強く主張した治療者と患者の二方向性,ないし二者性という概念は数多くの論者に共有されているように見受けられる。これらの概念は,治療者と患者の主観的体験は常に相互的に影響を及ぼし,決して互いが孤立した心としては存在しないという視点を強調するが,この論点を突き詰めれば,患者(ないしは同様に治療者)の内的体験にはことごとく関係性が反映されていることになりかねない。  たとえば治療者が患者とのセッション中に眠気を感じたとする。二者心理学的にはそこには患者との関係性が常に影響していることになるだろう。しかしこの議論を推し進めることは,「何もかも関係性」というあまり生産的とはいえない議論へと陥りかねない。たとえば「眠気は結局は患者の側から投げ込まれたものであり,投影性同一化の産物である」という議論の極端さに通じてしまう危険性がある。しかし立場によってはその治療者の眠気を,もっぱら彼個人の生活上の不摂生や服用中の抗アレルギー薬の副作用ととらえる臨床家がいてもおかしくない。関係精神分析をどこまで念頭に置き,どこまで用いるかは,個々の臨床状況で常に問われ続けなければならない問題である。  関係精神分析の提示する視点は,ある意味では極めて常識的であり,かつ心の働きのリアリティを反映したものであるが,同時にかなり洗練され,それを維持するために常に知的な労力を必要とする性質のものでもある。そしてその視点は,臨床家が患者を前にして感情の波に呑み込まれたり,自己愛の満足を体験したりする際に一番見失う性質のものでもあるという点は,実は関係理論を学ぶ上で明確に理解しておくべきものと考える。  結局関係精神分析とは,個々の臨床家がそれぞれの仕方で出会い,必要に応じて吸収し,心の臨床の中で深めていくものであるということだ。今後わが国においてこの一連の理論が多くの臨床家に広く知られるようになり,それぞれの仕方で役立つものとなることを望む。(第1章より抜粋)

このページのトップへ

関連書籍

臨床場面での自己開示と倫理

臨床場面での自己開示と倫理

精神分析の中核にある関係性を考える

 
 

このページのトップへ