ホーム > 子どもの虐待とネグレクト15巻1号

子どもの虐待とネグレクト15巻1号

虐待死をめぐって―1カ月を迎えられない子どもたちの問題―

子どもの虐待とネグレクト15巻1号

子ども虐待防止を目指す実践家・研究者のための専門誌

著者 日本子ども虐待防止学会
ジャンル 発達・思春期・老年
定期刊行物
出版年月日 2013/04/30
ISBN 9784753340378
判型・ページ数 B5・116ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

■巻頭言
「児童虐待」の防止とは?―これまでの歩みとこれから進むべき道―:吉田恒雄:
【特集 虐待死をめぐって―1カ月を迎えられない子どもたちの問題―】
特集にあたって:佐藤拓代
国や地方公共団体死亡事例検証報告書から見えてくる課題:岩城正光
虐待の産科的背景―未受診・飛び込み分娩等実態調査報告書から見えるもの―:光田信明
妊娠期からの虐待予防:水主川純・五十嵐豪・名古崇史,田中 守
思いがけない妊娠の相談窓口“にんしんSOS”から見えるもの:佐藤拓代
医療・保健・福祉の連携による虐待死の予防―特定妊婦への支援―:三上のり子・佐賀典子
■〈連載〉子ども虐待の「今」
民間活動の13年から考える:松岡典子
■〈連載〉文化の中の子ども虐待
神経科学から見た虐待とネグレクト:竹林浩秀
■〈連載〉実務法学の現場
親権再論:石田文三
■研究報告
児童養護施設におけるリービングケアに関する研究―生活担当職員を対象とした中高生のケアに関する調査―:玉井紀子・森田展彰・大谷保和
■事例研究
児童相談所における職権一時保護後の保護者指導の実践 ―虐待再発防止のための教育プログラム―:千賀則史
■資料
児童養護施設における施設版ペアレントトレーニングの実践―新人・若手職員の支援・育成のために―:小松利恵子
■活動報告
親子分離から家庭復帰になったケースの復帰に先立つ親子交流について:山田良一・佐藤和宏
■JaMSCAN活動報告
第4回日本子ども虐待医学研究会学術集会について:松岡太郎:100
■ブックレビュー
田中康雄編『児童生活臨床と社会的養護』:星野崇啓:102
宮井研治編『子ども・家族支援に役立つ面接の技とコツ』:小野善郎
坂井聖二著『子ども虐待への挑戦』:藤林武史
小林隆児,遠藤利彦編『甘えとアタッチメント』:森田展彰

このページのトップへ

内容説明

■「子どもの虐待とネグレクト」概要およびバックナンバー http://www.iwasaki-ap.co.jp/information/2014/09/post_179.html

このページのトップへ