ホーム > 子どもの虐待とネグレクト15巻2号

子どもの虐待とネグレクト15巻2号

特集:第18回学術集会(高知りょうま大会)

子どもの虐待とネグレクト15巻2号

子ども虐待防止を目指す実践家・研究者のための専門誌

著者 日本子ども虐待防止学会
ジャンル 定期刊行物
出版年月日 2013/09/20
判型・ページ数 B5・138ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

■巻頭言
日本子ども虐待防止学会第18回学術集会高知りょうま大会を終えて:谷脇和仁
【特集 第18回学術集会(高知りょうま大会)】
[基調講演]虐待と関係性の世界:むき合い,ふりかえり,気づきあう:渡辺久子
[特別講演]大規模災害時の被災地における支えあいから学ぶもの:南 裕子
[座談会]子ども虐待と通告:出席者/渡辺久子・山本恒雄・山田不二子・宮本信也・稗田 潤・市川光太郎,司会/西澤 哲
[事例研究]要保護児童に対して歯科からできる事後支援―虐待フォローネットワークの事例報告―:川越元久・井田満夫・花村裕之,他
[資料]
「親子心中」の実態について―2000年代に新聞報道された事例の分析―:長尾真理子・川﨑二三彦
児童相談所における多言語対応の現状と通訳利用時の課題―児童相談所職員への聞き取り調査の質的分析―:馬場幸子・北野尚美・李 錦純
[活動報告]神奈川県における乳幼児揺さぶられ症候群の予防の取り組み―正しい知識の普及と予防プログラム展開の歩み―:彦根倫子・古塩節子・小野聡枝,他
■事例研究
哺乳瓶依存状態で著明な成長発達遅延を認めたネグレクトの1例:浅野貴子・若松 太・田村信介,他
愛知県児童相談所における虐待再発防止プログラムの実施報告:佐々木大樹・田中清美
■資料
虐待体験の有無による小学校における児童の行動および情緒の違い:米澤篤代
児童養護施設入所児の生活満足度や規範意識に対する生活環境の影響に関する一考察:前田 清・佐々木大樹・西川富美子
■一般社団法人「日本子ども虐待防止学会」定款案
一般社団法人「日本子ども虐待防止学会」定款案のご案内:宮本信也
■ブックレビュー
松本伊智朗編著『子ども虐待と家族―「重なり合う不利」と社会的支援』:安部計彦
エリザベス・ベック他編著/林 浩康監訳『ソーシャルワークと修復的正義―癒しと回復をもたらす対話,調停,和解のための理論と実践』:藤岡淳子
高岡昴太著『子ども虐待へのアウトリーチ―多機関連携による困難事例の対応』:加藤曜子
マーティン・A・フィンケル他編/柳川敏彦他監訳『子どもの性虐待に関する医学的評価―プラクティカルガイド』:太田真弓

このページのトップへ

内容説明

■「子どもの虐待とネグレクト」概要およびバックナンバー http://www.iwasaki-ap.co.jp/information/2014/09/post_179.html

このページのトップへ