ホーム > 子どもの虐待とネグレクト15巻3号

子どもの虐待とネグレクト15巻3号

親支援の現在―分離後の親支援に焦点をあてて

子どもの虐待とネグレクト15巻3号

子ども虐待防止を目指す実践家・研究者のための専門誌

著者 日本子ども虐待防止学会
ジャンル 発達・思春期・老年
定期刊行物
出版年月日 2013/12/02
判型・ページ数 B5・114ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

■巻頭言
児童相談所職員へのメッセージ:才村 純
【特集 親支援の現在―分離後の親支援に焦点をあてて―】
特集にあたって:藤林武史・桐野由美子
親支援と家族再統合の現状と課題:西澤 哲
児童相談所における保護者支援の現状と今後の課題について:山本恒雄
イギリスの親子再統合に向けた支援システムの現状と日本の課題:峯本耕治
親子分離後の家族再統合(家庭復帰)に向けた親支援を考える―アメリカ・国連のパーマネンシー・プランニングを枠組としたシステムを参考に―:桐野由美子
児童養護施設における親支援:塩田規子
精神科領域からの養育者支援:田中 究
■〈新連載〉各地の取り組みから学ぶ
児童養護施設とCAP:子どもへの暴力防止プログラム―CAPプログラムが果たす役割・CAPスペシャリストが果たせる役割―:重永侑紀
■〈連載〉子ども虐待の「今」
障害のある子どもと虐待:北川聡子
■〈連載〉文化の中の子ども虐待
虐待と,ボクが行政書士でありつづける理由:田島 隆
■研究報告
児童養護施設における心理面接の状況と課題:村松健司
■資料
女性のためのシェルターにおけるDV被害を受けた子どもへの支援―スイスのシェルター,マリープレリの『私の青いノート』の紹介―:岩瀬久子
■活動報告
児童相談所一時保護所における心理専従職員の役割:千賀則史
■ブックレビュー
柏木恭典著『赤ちゃんポストと緊急下の女性』:山懸文治
藤森和美,野坂祐子編『子どもへの性暴力』:郭 麗月
相澤 仁編集代表/犬塚峰子編『子どもの発達・アセスメントと養育・支援プラン』:林 浩康
鈴木庸裕編著『震災復興が問いかける子どもたちのしあわせ』:岩城正光
マイケル・ラター著/上鹿渡和宏訳『イギリス・ルーマニア養子研究から社会的養護への示唆』:西澤 哲

このページのトップへ

内容説明

家庭復帰後の虐待の再発問題と,家庭復帰・親支援が進まないまま施設入所を続ける子どもたち。この両方の課題に対する,児童相談所の現場の苦悩は深い。虐待事例における親子の分離は長いケースワークの一里塚でしかなく,そこから本格的な家庭復帰に向けてケースワークが始まるのである。 分離後の親支援を進めていく上での問題や課題を明らかにし,国際的な動向を視野に入れながら,わが国の親支援が向かうべき方向性を検討する。 ------------------------ ■「子どもの虐待とネグレクト」概要およびバックナンバー http://www.iwasaki-ap.co.jp/information/2014/09/post_179.html

このページのトップへ