ホーム > 子どもの虐待とネグレクト16巻1号

子どもの虐待とネグレクト16巻1号

不適切な養育による発育不良―見逃しの防止と地域での支援

子どもの虐待とネグレクト16巻1号

子ども虐待防止を目指す実践家・研究者のための専門誌

著者 日本子ども虐待防止学会
ジャンル 発達・思春期・老年
定期刊行物
出版年月日 2014/05/22
判型・ページ数 B5・122ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

■巻頭言
気になることがら:山本恒雄
【特集 不適切な養育による発育不良―見逃しの防止と地域での支援―】
特集にあたって:溝口史剛・小穴慎二・山田不二子・奥山眞紀子
非器質性発育障害に対する一次医療機関からの取り組み:井上登生
非器質的発育不全(NOFTT)の発見・対応と保健師の機能・役割:中板育美
ソーシャルワーカーから見た非器質性発育障害(NOFTT)―“支援”に焦点化した議論のための試論―:実方由佳
Failure to Thrive(FTT)二次医療機関でのアプローチ:本山景一
発育不全への対応―児童相談所から―:田﨑みどり
不適切養育と関連する親のリスク要因について:笠原麻里
■〈連載〉各地の取り組みから学ぶ
置き去り赤ちゃんの処遇実態と「愛知方式」の紹介―虐待死の最多は生後0日児,防止策提言と効果予測―:矢満田篤二
■〈連載〉子ども虐待の「今」
被虐待の臨床現場から:西田寿美
■〈連載〉文化の中の子ども虐待
私の履歴および「こうのとりのゆりかご」相談業務:蓮田太二
■研究報告
肢体不自由児施設の専門職が経験する被虐待児支援における困難の構造:大橋麗子
大学病院勤務の看護師における子育て支援への積極的アプローチ―小児科病棟の入院患者家族によるアンケート分析―:寺本ゆみ・柳川敏彦
家庭状況が子どものネグレクト状態に与える影響:安部計彦
■ブックレビュー
津崎哲雄著『英国の社会的養護の歴史―子どもの最善の利益を保障する理念・施策の現代化のために』:山縣文治
エリアナ・ギル著/小川裕美子,湯野貴子訳『虐待とトラウマを受けた子どもへの援助―統合的アプローチの実際』:西澤 哲
杉山登志郎編著『講座 子ども虐待への新たなケア』:奥山眞紀子
キャシー・グラス著/塩川亜咲子訳『ジョディ,傷つけられた子―里親キャシー・グラスの手記』:津崎哲雄
杉山 春著『ルポ 虐待: 大阪二児置き去り死事件』:岩城正光

このページのトップへ

内容説明

明らかな器質的疾患がないにも関わらず,体重・身長増加不良となっている子どもをNOFTT:Non-Organic(非器質性) Failure to Thriveと呼称している。「発育障害」「発育不全」などと訳されるこの状態は,継続的な養育誤認の長期に渡る蓄積の結果であり,親子のSOSサインとなる。さまざまな立場,機関の第一線で働く執筆者によるNOFTTへの対処法。 ------------------------------------------ ■「子どもの虐待とネグレクト」概要およびバックナンバー http://www.iwasaki-ap.co.jp/information/2014/09/post_179.html

このページのトップへ