ホーム > 恥と自己愛の精神分析

恥と自己愛の精神分析 (単行本)

対人恐怖から差別論まで

恥と自己愛の精神分析

内外を視野に気鋭の分析家が縦横に論じた恥の病理

著者 岡野憲一郎
ジャンル 心理療法・カウンセリング
精神分析
出版年月日 1998/09/15
ISBN 9784753398096
判型・ページ数 A5・294ページ
定価 本体4,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
フォーマット 価格
単行本 4,500円+税
電子書籍 3,600円+税
 

目次

目次●
 
第1部恥と自己愛のイントロダクション
 1恥と対人恐怖の病理
 2精神分析から見た対人恐怖
 3自己愛の病理
 4自己愛の病理についての試論
 5精神分析の祖フロイトは自己愛的な人間だったのか?
第2部恥と自己愛をめぐる5つの精神分析的考察
 序章学問的背景
 1章恥と「過敏型」自己愛の病理
 2章「過敏型」自己愛人格障害における罪悪感とエディプス葛藤
 3章恥の病理の発生論
 4章エディパルな恥,プリエディパルな恥
 5章フロイト理論と恥
第3部恥と自己愛についての各論
 1章臨床家の自己愛
 2章恥と生理学
 3章恥と精神病理学
 4章恥の文脈から見た差別論
 5章恥と自己愛の日米比較論
 6章治療論に向けて


このページのトップへ