ホーム > 青年のひきこもり

青年のひきこもり

心理社会的背景・病理・治療援助

青年のひきこもり

「非分裂病性ひきこもり」の総合的研究展望と臨床

著者 狩野 力八郎
ジャンル 発達・思春期・老年
出版年月日 2000/01/27
ISBN 9784753300013
判型・ページ数 A5・248ページ
定価 本体4,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

目次●
 
Ⅰ部総説 
 ひきこもりの社会心理的背景
 ひきこもりの精神力動 
Ⅱ部精神保健からみたひきこもり 
 家族とひきこもり文化
 不登校その後
 性別とひきこもり 
Ⅲ部精神障害とひきこもり 
 序論
 対人恐怖
 退却神経症
 強迫神経症
 スキゾイド
 境界例とひきこもり
 自己愛パーソナリティ障害
 回避性人格障害
 逃避型抑うつ
 摂食障害患者のひきこもり
 外傷性精神障害とひきこもり 
Ⅳ部治療と援助 ―ひきこもりからの孵化 脱出
 一般外来のマネージメント
 心理教育的アプローチ
 家族臨床
 家族療法
 訪問
 通院設定での個人療法
 外来分析的グループ
 本人グループ活動
 地域ネットワーク
 自閉症的な子どもにおけるひきこもり

このページのトップへ

著者情報

狩野 力八郎

1945年 満州に生れる 1971年 慶應義塾大学医学部卒業 慶應義塾大学医学部精神神経科教室入室 1975年 東海大学医学部精神科学教室 1981年~83年 メニンガー・クリニックおよびトピカ精神分析研究所に留学 1987年 国際精神分析学会正会員 2001年 東京国際大学大学院臨床心理学研究科教授 専 攻 精神医学,精神分析学 現 職 東京国際大学大学院臨床心理学研究科教授 著訳書 性格の障害(異常心理学講座,みすず書房) 青年期のひきこもり(共編著,岩崎学術出版社) 重症人格障害の臨床研究──パーソナリティの病理と治療技法(金剛出版) こころのマトリックス(監訳,岩崎学術出版社) メンタライゼーションと境界パーソナリティ障害(監訳,岩崎学術出版社) 方法としての治療構造論(金剛出版) メンタライゼーション・ハンドブック(監修,岩崎学術出版社)他

このページのトップへ

関連書籍

青年のひきこもり・その後

青年のひきこもり・その後

多職種支援と専門家の資質向上のために

著者:近藤 直司
 
 

このページのトップへ