ホーム > 間主観的アプローチ臨床入門

間主観的アプローチ臨床入門

意味了解の共同作業

間主観的アプローチ臨床入門

もっとも明解な間主観的アプローチ臨床入門

著者 バースキー P.
ハグランドP.
丸田俊彦
貞安元
ジャンル 精神分析
出版年月日 2004/08/31
ISBN 9784753304110
判型・ページ数 A5・224ページ
定価 本体3,600円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

目次● 
監訳者まえがき
はしがき
序文
謝辞
序論
第1章主観性と間主観性 
第2章間主観的感性 
第3章患者の心の状態を理解する―情動調律と共感的・内省的スタンス― 
第4章関係の中心性 
第5章間主観的な臨床実践 
第6章主観的体験の言葉化 
第7章治療関係の解毒剤としての側面 
第8章場の拡張に向けて―間主観性理論とスーパービジョン― 
文献
訳者あとがき
人名索引
事項索引

このページのトップへ

内容説明

●突き詰めれば,われわれは,あらゆる体験の形成において関係性が果たす構成的役割を視野に入れた,コンテクスト心理学として精神分析を鋳直そうとしているのである。(ストロロウ原書まえがき)

このページのトップへ