ホーム > 精神力動的精神医学(1)【理論編】

精神力動的精神医学(1)【理論編】

その臨床実践[DSM-IV版]

精神力動的精神医学(1)【理論編】

DSM-IVに対応する今日の力動精神医学の総合的基礎理論

著者 ギャバード G.O.
権成鉉
ジャンル 精神医学・精神医療
精神分析
出版年月日 1998/01/16
ISBN 9784753398003
判型・ページ数 A5・248ページ
定価 本体4,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

目次●
 
第1部力動精神医学の基本原則と治療的アプローチ
 第1章 力動精神医学の基本原則
  主観的経験の特異な価値
  無意識
  心的決定論
  過去は序幕である
  転移
  逆転移
  抵抗
  精神医学おける心と脳
  今日的精神医学における力動的精神科医の役割
 第2章 力動精神医学の理論的基礎
  自我心理学
  対象関係論
  自己心理学
  臨床実践における理論の役割
 第3章 患者の精神力動的評価
 第4章 力動精神医学における治療Ⅰ-個人精神療法
 第5章 力動精神医学における治療Ⅱ-集団精神療法,家族
  夫婦療法,薬物療法
 第6章 力動精神医学における治療Ⅲ-力動的方向性をもった入院治療

このページのトップへ