ホーム > こころの退避

こころの退避

こころの退避

心的退避の場所は何か,臨床から構造化した追究

著者 シュタイナー J.
衣笠 隆幸
ジャンル 精神分析
出版年月日 1997/04/05
ISBN 9784753397020
判型・ページ数 A5・272ページ
定価 本体4,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

目次●
 
日本の読者の皆さんへ
まえがき
序論
心的退避の理論
心的退避:臨床描写
妄想分裂ポジションと抑うつポジション
概説:自己愛的対象関係とパーソナリティの病理的組織化
投影性同一視を通しての失われた自己の部分の回復:喪の役割
妄想的世界への退避:パーソナリティの精神病理的組織
復讐,怒り,自責そして修復
心的退避における現実との関係
病理的組織化における倒錯的関係
『エディプス王』と『コロヌスのエディプス』の二つのタイプの病理的組織化
精神分析の技法上の問題:患者中心の解釈と分析家中心の解釈
文献
解題
人名索引
事項索引

このページのトップへ

著者情報

シュタイナー J.

衣笠 隆幸

1948年 広島に生まれる 1973年 広島大学医学部卒業 1981年から1988年 ロンドンのタビストック研究所に留学 1988年 英国精神分析的精神療法家の資格取得 英国精神療法家協会会員 1991年 日本精神分析協会正会員 国際精神分析協会正会員 1997年 日本精神分析学会運営委員 専 攻 精神医学,精神分析学 現 職 広島市精神保健福祉センター所長

このページのトップへ