ホーム > 思春期の精神病理と治療

思春期の精神病理と治療

思春期の精神病理と治療

臨床実践からの先駆的な研究

著者 中井久夫
山中康裕
ジャンル 発達・思春期・老年
出版年月日 1978/03/30
ISBN 9784753378012
判型・ページ数 A5・360ページ
定価 本体5,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

目次・執筆●

思春期病患者とその治療者=中井久夫
思春期内閉―治療実践よりみた内閉神経症(いわゆる学校恐怖症)の精神病理=山中康裕
分裂病からみた思春期=小出浩之
前思春期および思春期のうつ病=大井正己
てんかんと思春期=大原貢
思春期の離人症―「意地」の観点から=大橋一惠
思春期と境界例=森省二
思春期における食事の障害=滝川一広
思春期の心理―自我体験の考察=西村洲衛男
退却神経症という新カテゴリーの提唱―スチューデント・アパシー第二報=笠原嘉
思春期病理における自己と身体=木村敏

このページのトップへ

内容説明

●時代と文化を照らし出す鏡ともいえる思春期障害の病理と治療の詳細。

このページのトップへ