ホーム > 間主観的アプローチ

間主観的アプローチ

自己心理学を超えて

間主観的アプローチ

精神分析の新たなパラダイム

著者 ストロロウ R.D.
ブランチャフB.
アトウッドG.E.
丸田俊彦
ジャンル 精神分析
出版年月日 1995/10/12
ISBN 9784753395095
判型・ページ数 A5・240ページ
定価 本体4,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

目次●
 
日本語版への序
まえがき
第1章 :精神分析的探究の原理
第2章 :自己心理学に関する考察
第3章 :体験のオーガナイゼーションとしての転移
第4章 :足枷となる絆と自由を与える絆
第5章 :情動と自己対象
第6章 :発達上の欠損と心的葛藤
第7章 :精神分析的治癒に関する考察
第8章 :境界例状態の治療
第9章 :精神病状態の治療
文献
訳者あとがき
人名索引
事項索引

このページのトップへ

内容説明

●現在サイコロジストの間で「再発見」されつつある「現代精神分析学」と言えば,ストロロウの「間主観性」を取り入れた自己心理学である。注目されるシステムを正確に臨床に還元しようと試みる労作。

このページのトップへ