ホーム > 外傷性精神障害

外傷性精神障害

心の傷の病理と治療

外傷性精神障害

わが国の精神医学臨床に未知のテーマに挑む

著者 岡野憲一郎
ジャンル 精神医学・精神医療
出版年月日 1995/11/22
ISBN 9784753395125
判型・ページ数 A5・296ページ
定価 本体5,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

目次抄録


Ⅰ部外傷性精神障害とは
 序論
 外傷とは何か
 陰性外傷について、そして治療論
Ⅱ部外傷性精神障害の含むもの
 リストアップ
 ヒステリー概念のゆくえ
 分類
 PTSD(外傷後ストレス障害)
 思春期
 外傷性障害としてのBPD(境界人格障害)
 災害や事故によるPTSD
Ⅲ部解離現象の精神病理
 解離とは何か
 概念の歴史と変遷
 現代的な解離のモデルと臨床
Ⅳ部多重人格障害の臨床像と治療
 概説
 アメリカにおける最近の動向
 マルチ・チャンネル・モデル
Ⅴ部精神分析と外傷理論
 その全体像
 古典的分析
 フロイト以後
 フェアベーン
Ⅵ部治療論
 力動的療法の基本概念
 実際
 症例をもとに

このページのトップへ