ホーム > 自閉症のコミュニケーション指導法

自閉症のコミュニケーション指導法

自閉症のコミュニケーション指導法

評価・指導手続きと発達の確認

著者 ワトソン L.R.
E.ショプラー
佐々木 正美
ジャンル 自閉症・発達障害
出版年月日 1995/10/19
ISBN 9784753395101
判型・ページ数 A5・272ページ
定価 本体4,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

目次●

1章 序章
 本書の目的
 自閉症および近縁の障害をもつ障害児のコミュニケーション
2章 TEACCHモデルの概要
 対象児・者
 カリキュラムの次元
3章 コミュニケーションの評価:プログラム作成のための基礎
 評価の概要
 サンプル
4章 コミュニケーション・サンプルの分析
 セマンティック・カテゴリー
 機能
 文脈
 単語
 形態
5章 ゴールの設定
 プロセス
 形態
 形態選択の留意点
6章 家庭における評価と優先順位
7章 指導目標の選択
 ゴールを決める
 指導目標設定の原則
 手続き
 症例
8章 いろいろな教育方法
 教育場面
 生徒の行動形成
 進歩の確認
 集団場面
 親との協力
9章 ゴール達成への指導活動

このページのトップへ

著者情報

ワトソン L.R.

E.ショプラー

1964年シカゴ大学臨床小児発達学博士号取得,ノースカロライナ大学医学部精神科教授,TEACCH部部長,「JOURNAL OF AUTISM AND DEVELOPMENTAL DISORDERS」編集長歴任。

佐々木 正美

1966年新潟大学医学部卒業。1969年ブリティッシュ・コロンビア大学児童精神科に留学。現職川崎医療福祉大学医療福祉学科教授,ノースカロライナ大学精神科臨床教授。 著訳書 児童精神科医が語る―響きあう心を育てたい,自閉症のTEACCH実践/②/③(岩崎学術出版社),自閉症の治療教育プログラム(監訳,ぶどう社),児童精神医学の臨床(ぶどう社),自閉症児の発達単元267(監訳,岩崎学術出版社) 他

このページのトップへ