ホーム > 自分と居場所

自分と居場所

北山修著作集《日本語臨床の深層》3

自分と居場所

ユニークな臨床言語論から居場所のある自分論へ展開するわが国精神分析の新世代の証。

著者 北山修
ジャンル 精神分析
出版年月日 1993/09/20
ISBN 9784753393145
判型・ページ数 A5・208ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

目次●

はじめに
1位置づけの中間性と役割の両面性
 開業医という現場
2開業精神療法―とくにその即物的交流について
3治療の最小単位として
4横になることについて
5構造と設定
 「わたし」と移行危機
6「ありがとう」と言えない―ある青年
7移行期としての思春期
8性の発達と移行
 自分と居場所
9「エディプス三角」とこれを語る言葉
10三角関係に向けて
11「自分」と呼ばれるもの
12「自分」と「自分がない」
 文化という培地
13虚と実の心理学
14移行期における<わたし>の危機
15文化と精神療法
 著者個人史
あとがき

このページのトップへ