ホーム > うつ病の対人関係療法

うつ病の対人関係療法

うつ病の対人関係療法

短期精神療法として著名なIPT技法の詳細

著者 クラーマン G.L.
ワイスマンM.M.
ランスヴィルB.J.
シェヴロンE.S.
水島 広子
嶋田 誠
大野 裕
ジャンル 行動療法・認知療法
出版年月日 1997/04/01
ISBN 9784753397006
判型・ページ数 A5・334ページ
定価 本体5,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

目次

目次●

日本語版への序文
序文
IPTの概観
Ⅰ部うつ病への対人関係アプローチ
 1うつの性質―正常なうつと病的なうつ
 2対人関係アプローチ
 3うつ病を理解するための対人関係アプローチ
Ⅱ部うつ病の対人関係療法を実践する
 4IPTの目標と課題
 5うつ病について話し,対人関係の問題を診断する
 6悲哀
 7対人関係上の役割をめぐる不和
 8役割の変化
 9対人関係の欠如
 10治療の終結
 11特殊技法
 12統合的な症例
Ⅲ部IPTの重要な側面
 13精神療法と薬物療法との組み合わせ
 14治療の中で時折ぶつかる問題
 15IPTの治療者:専門的背景,役割,トレーニング
付録●ハミルトン抑うつ評価尺度のための面接法

このページのトップへ

著者情報

クラーマン G.L.

ワイスマンM.M.

ランスヴィルB.J.

シェヴロンE.S.

水島 広子

1992年 慶應義塾大学医学部卒業 1992年 慶應義塾大学医学部精神神経科勤務 1999年 慶應義塾大学大学院修了(医学博士) ■現在:対人関係療法専門クリニック院長,慶應義塾大学医学部非常勤講師(精神神経科),対人関係療法勉強会代表世話人,アティテューディナル・ヒーリング・ジャパン代表 ■著書:怖れを手放す─アティテューディナル・ヒーリング入門ワークショップ(星和書店),自分でできる対人関係療法(創元社),拒食症・過食症を対人関係療法で治す(紀伊國屋書店),臨床家のための対人関係療法入門ガイド(創元社),対人関係療法マスターブック──効果的な治療の本質(金剛出版),対人関係療法でなおす うつ病(創元社),対人関係療法でなおす 双極性障害(創元社),対人関係療法で改善する 夫婦・パートナー関係(創元社),10代の子をもつ親が知っておきたいこと(紀伊国屋書店),摂食障害の不安に向き合う──対人関係療法によるアプローチ(岩崎学術出版社),トラウマの現実に向き合う―ジャッジメントを手放すということ(岩崎学術出版社)他 ■訳書:探すのをやめたとき愛は見つかる,臨床家のための対人関係療法クイックガイド,グループ対人関係療法(以上創元社),対人関係療法総合ガイド(岩崎学術出版社)他

嶋田 誠

1960年 東京都に生まれる 1986年 慶應義塾大学医学部卒業 専攻 精神医学 現職 群馬病院勤務

大野 裕

1950年 愛媛県に生まれる 1978年 慶應義塾大学医学部卒業 慶應義塾大学医学部精神神経科学教室へ勤務 精神医学,精神療法学専攻 1985年-1988年 コーネル大学医学部留学 1988年 ペンシルバニア大学医学部留学 1989年 学位取得 2002年 慶應義塾大学教授(保健管理センター) 2011年 国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター長 現  在 大野裕研究所所長,認知行動療法研修開発センター理事長 著  書 『こころが晴れるノート』(創元社),『簡易型認知行動療法実践マニュアル』(ストレスマネジメントネットワーク),『はじめての認知療法』(講談社)ほか多数 訳  書 『認知療法』(岩崎学術出版社),『認知行動療法トレーニングブック』(医学書院)ほか多数 監  修 こころのスキルアップ・トレーニング(http://www.cbtjp.net/)

このページのトップへ