ホーム > 解離新時代

解離新時代

脳科学,愛着,精神分析との融合

目次

まえがき
 序章 解離の何が新しいのか?
第1部 解離と脳科学,精神分析
 第1章 解離と脳科学,愛着理論──アラン・ショアの仕事
 第2章 トラウマ記憶,解離,再固定化
 第3章 再固定化の治療への応用──ブルース・エッカーらの試み
 第4章 トラウマ記憶の知見を解離の治療に応用できるか?
 第5章 解離と精神分析(1)──ドンネル・スターンの理論
 第6章 解離と精神分析(2)──フィリップ・ブロンバーグの理論
第2部 解離治療の最前線
 第7章 どのように出会い,どのように面接するのか?
 第8章 どのように診断するか?──DSM-5による変更点を取り入れて
 第9章 どのように鑑別するか?
 第10章 どのようにトラウマを扱うか?
 第11章 どのようにDIDを治療するか?
 第12章 どのように再固定化療法を治療に用いるか?
 第13章 どのように子どもの人格部分を扱うか?
 第14章 解離に基づく非力動的な精神分析理論
 付章 気になる解離の論客たち
 参考文献  
 あとがき
 人名索引
 事項索引
------------------------------------
岡野憲一郎(おかの けんいちろう)
1982年 東京大学医学部卒業,医学博士
1982~85年 東京大学精神科病棟および外来部門にて研修
1986年 パリ,ネッケル病院にフランス政府給費留学生として研修
1987年 渡米,1989~93年 オクラホマ大学精神科レジデント,メニンガー・クリニック精神科レジデント
1994年 ショウニー郡精神衛生センター医長(トピーカ),カンザスシティー精神分析協会員
2004年 4月に帰国,国際医療福祉大学教授を経て
現 職 京都大学大学院教育学研究科臨床心理実践学講座教授

このページのトップへ

内容説明

まずDID(解離性同一性障害)が生じる仕組みについて考えてみよう。どうして彼女たちの心には,別の人格部分が宿るのだろうか? なぜ幼少時のストレスやトラウマの存在が必然なのだろうか?
 解離性の人格部分が形成される状況の一つとして考えられるのは,他人の意図や願望や感情が,自分のものと混同されるような場合である。つまり他人の考えが自分のものとして取り込まれる,というプロセスである。
 皆さんも自分自身の子ども時代を思い出していただきたい。親の感情や意図に多くの場合さほど疑問を持たなかったはずである。親が肯定したり否定したり,心地よいと感じたり不快と感じたりすることはすなわち自分自身の体験でもあったはずだ。これは実は子どもの適応にとって重要なことなのであろう。
 しかしこうしたことが健全な状況においてのみ生じているわけではない。虐待やトラウマ,それに関連した解離の問題も,この同じ文脈で起きてしまう可能性がある。親に叩かれること,命令されること,あるいは無視され,生きている意味を奪われるような言葉を浴びせられること。それらも子どもによって無反省に受け入れられる傾向にある。「自分は叩かれてあたりまえの存在だ」という形で入っていくのだ。ただそれに伴う痛みや親への怒りや不満は芽生えてくる。それが心の別の個所で生じることが問題なのだ。しかもその「どこか」を特定はできない(将来脳科学が進めばわかるかもしれないが)。そこで私はそれを「心の奥にある箱の中」と患者さんに説明する。これが解離の始まり方の一つなのだ。
 ここで一つの疑問が生じる。どうして親に対する怒りや不満が,心の別の部位で生まれるのだろうか?もともと子どもの心には生じるはずのないそれらの感情が?親の感情や意図は子どもの感情や意図でもあったはずなのに?
 ここからは私の仮説である。子どもの取り入れの力はおそらく私たちが考える以上のものである。さまざまな思考や情動のパターンが雛形として,たとえばドラマを見て,友達と話して,物語を読んで入り込む。その中には他人から辛い仕事を押しつけられて不満に思い,相手を恨む人の話も出てくるだろう。子どもはそれにも同一化し,疑似体験をする。脳科学的にいえば子どものミラーニューロンがそこには深く関与しているはずだ。こうして子どもの心には,侵襲や迫害に対する怒りなどの,正常な心の反応も,パターンとしては成立しているのだ。つまり親からの辛い仕打ちを受けた子どもは,それを一方では淡々と受け入れつつも,心のどこかでは怒りや憎しみを伴って反応している部分を併せ持つのである。子どもが高い感性を持ち,正常なミラーニューロンの機能を備えていればこそ,そのような事態が生じるのだろう。そして,解離する傾向が人より強かったとしたら,それらは別々に成立し,一方は「箱の中」に隔離されたままで進行していく。実に不思議な現象ではあるが,解離の臨床をする側の人間に必要なのは,この不思議さや分かりづらさに耐える能力なのだ。

このページのトップへ

関連書籍

快の錬金術

快の錬金術

「快-不快」の視点から人の心を裸にする

著者:岡野憲一郎
 
臨床場面での自己開示と倫理

臨床場面での自己開示と倫理

精神分析の中核にある関係性を考える

 
 
脳科学と心の臨床

脳科学と心の臨床(単行本)

著者:岡野憲一郎
 
 

このページのトップへ