ホーム > 臨床場面での自己開示と倫理

臨床場面での自己開示と倫理

関係精神分析の展開

目次

まえがき
第1部 序 論
 第1章 「汎用性のある精神療法」としての関係精神分析
 第2章 さまざまな治療作用論
第2部 治療者の自己開示
 第3章 自己開示はなぜ問題とされてきたか
 第4章 自己開示の概念上の偏りと「自己開示」という意味づけ
 第5章 自己愛の観点から見た治療者の自己開示
 第6章 匿名性と自己開示の弁証法について
第3部 精神分析における現実
 第7章 現実と他者──その臨床的扱いをめぐって
 第8章 心的現実,外的現実,間主観的現実
 第9章 精神分析における現実を再定義する
第4部 精神分析における倫理
 第10章 精神分析における倫理
 第11章 精神分析技法という観点から倫理問題を考える
 第12章 精神分析の倫理的転回──間主観性理論の発展
第5部 将来の関係精神分析に向けて
 第13章 関係精神分析の新しい流れ
 第14章 四者会談──私たちにとっての「関係論的転回」
あとがき
--------------------------------
岡野憲一郎(おかの けんいちろう)
1982年 東京大学医学部卒業,医学博士
1982~85年 東京大学精神科病棟および外来部門にて研修
1986年 パリ,ネッケル病院にフランス政府給費留学生として研修
1987年 渡米,1989~93年 オクラホマ大学精神科レジデント,メニンガー・クリニック精神科レジデント
1994年 ショウニー郡精神衛生センター医長(トピーカ),カンザスシティー精神分析協会員
2004年 4月に帰国,国際医療福祉大学教授を経て
現 職 京都大学大学院教育学研究科臨床心理実践学講座教授
米国精神科専門認定医,国際精神分析協会,米国及び日本精神分析協会正会員,臨床心理士

吾妻 壮(あがつま そう)
1994年 東京大学文学部卒業
1998年 大阪大学医学部卒業
2000~2009年 米国にて,アルバート・アインシュタイン医科大学精神科レジデンシー修了,コロンビア大学精神分析センターおよびウィリアム・アランソン・ホワイト研究所にて精神分析の訓練を受ける。帰国後,大阪大学大学院医学研究系研究科精神医学教室を経て
現 在 神戸女学院大学人間科学部教授。国際精神分析協会および米国精神分析協会正会員,医学博士

富樫公一(とがし こういち)
1995年 愛知教育大学大学院教育学研究科 修士課程修了
2001~2006年 NPAP精神分析研究所,TRISP自己心理学研究所(ニューヨーク)に留学
2003~2006年 南カリフォルニア大学東アジア研究所 客員研究員
2006~2012年 広島国際大学大学院准教授(2007年まで助教授)
現 職 甲南大学文学部教授,TRISP自己心理学研究所精神分析家,栄橋心理相談室精神分析家
ニューヨーク州精神分析家ライセンス,臨床心理士,博士(文学),NAAP精神分析学会認定精神分析家,国際自己心理学会国際評議委員,International Journal of Psychoanalytic Self Psychology国際編集委員

横井公一(よこい こういち)
1982年 金沢大学医学部卒業
1993~1996年 アルバート・アインシュタイン医科大学トランスカルチュラル・サイカイアトリー・フェーローおよびウィリアム・アランソン・ホワイト研究所に留学
2007~2012年 関西福祉科学大学大学院社会福祉学研究科教授
現 職 微風会 浜寺病院 勤務"

このページのトップへ

内容説明

まえがき
第1部 序 論
 第1章 「汎用性のある精神療法」としての関係精神分析
 第2章 さまざまな治療作用論
第2部 治療者の自己開示
 第3章 自己開示はなぜ問題とされてきたか
 第4章 自己開示の概念上の偏りと「自己開示」という意味づけ
 第5章 自己愛の観点から見た治療者の自己開示
 第6章 匿名性と自己開示の弁証法について
第3部 精神分析における現実
 第7章 現実と他者──その臨床的扱いをめぐって
 第8章 心的現実,外的現実,間主観的現実
 第9章 精神分析における現実を再定義する
第4部 精神分析における倫理
 第10章 精神分析における倫理
 第11章 精神分析技法という観点から倫理問題を考える
 第12章 精神分析の倫理的転回──間主観性理論の発展
第5部 将来の関係精神分析に向けて
 第13章 関係精神分析の新しい流れ
 第14章 四者会談──私たちにとっての「関係論的転回」
あとがき

このページのトップへ