ホーム > 臨床行動分析のすすめ方

臨床行動分析のすすめ方  新刊

ふだんづかいの認知行動療法

目次

序 章 行動分析を始める前に
第1章 臨床行動分析とは何か
第2章 精神科診断と行動分析の違い
第3章 行動分析で生じる精神療法としての効果
第4章 体験をうながす行動分析
第5章 一般的精神療法と認知行動療法をともに生かす
第6章 行動分析による薬物治療の位置づけ
第7章 薬物治療を認知行動療法として用いる
第8章 行動分析による治療手段の選択
第9章 併存疾患がある場合の行動分析による考え方
第10章 診断がつきにくい患者を行動分析で支える
第11章 行動分析が持つ先見性と将来性
--------------------------------
芝田寿美男(しばた すみお)
1993年長崎大学医学部卒業。大分県立病院精神科,九州大学医学部附属病院精神科神経科,肥前精神医療センターなどでの勤務を経て,
2003年5月より,福岡赤十字病院精神科副部長。
2016年4月より,同科部長。
著書に,「強迫性障害治療のための身につける行動療法」(共編著,岩崎学術出版社)ほか

このページのトップへ

内容説明

「患者も治療者も支える治療法」
認知行動療法により,患者の体験としても治療者の体験としても,わけのわからない状態がわけのわかる対象へと徐々に変化しています。行動分析における刺激-反応の連鎖に沿った,介入可能な対象に変化したのです。それは行動分析に基づいた治療介入の結果が,少しずつでも具体化したからだと思います。ここで言う治療効果とは,「気持ち」や「考え方」など単なる思考行動の変化にとどまらない,目に見える生活上の変化です。日常生活上のわずかでも具体的な歩みが,どうにかなりそうだという希望をつないでくれるのです。症状や問題に圧倒されているのではない,自分自身の力でどうにかなるという実感を身につけさせるのです。
患者にとって治療的なこの体験は,治療者にとっても同じではないでしょうか。わけがわからないなりに,ごくわずかずつでも行動分析を通じて対象を理解把握し,できるところから少しずつ治療介入を積み重ねていく過程が,治療者を支えてくれます。どんなささやかなことでも,治療介入の結果が生活上の変化として得られれば嬉しくなります。なにも大上段に構えた治療論や「根本的」な治療である必要はありません。治療者として関わり,患者がほんのわずかでも生活しやすく楽になってくれれば元気が出ます。本症例のように,治療初期には問題や症状の全体像が見えていなくても,その時々で丁寧に行動分析して治療介入をくり返せば,やがて治療はゴールを迎えます。日常生活上の困難に沿って,例えばどこのスーパーなら行けるとか,洗濯物はいつどこに干すのかとか,具体的な生活行動を取り上げて行動分析し治療対象とすることは,侵襲的ではなく治療的です。途中下車なく病院に来られたとか一人で買い物ができたとか,小さな治療効果の積み重ねが,治療者にとっても焦らずに根気強い治療を続けさせてくれたのです。いつ達成できるとも知れない「根本的」な治療を目指し「ガマン大会」のような面接になるのは感心しません。治療効果が実感できないまま2年3年と経てば,治療者も人間ですから苛立ち無力感に陥るはずです。
行動分析して把握できたところだけ,できるところから具体的に治療を進めていく認知行動療法は,治療者に小さな治療効果を実感させてくれます。治療者にとっての小さな成功体験の積み重ねが,患者に対して「もう少しよくなるのではないか」「変わりうるのではないか」と信じ続ける力を与えてくれます。ここで治療者の感じる自己効力感は万能感のような性質ではなく,身の丈に合ったささやかなものです。認知行動療法は治療者にとっても優しい治療法だと私は考えています。

このページのトップへ