ホーム > 力動的心理査定

力動的心理査定  新刊

ロールシャッハ法の継起分析を中心に

目次

序 章
第Ⅰ部 理論編
 第1章 力動的解釈の歴史
 第2章 施行法・記号化について──片口法とその修正点
 第3章 各記号の解釈仮説
 第4章 解釈法①──解釈過程の力動的理解と量的分析
 第5章 解釈法②──継起分析
 第6章 テストバッテリーと退行現象
 第7章 パーソナリティの病理とそのロールシャッハ法への現れ──自我の機能と機制を中心に
 第8章 他の検査との統合──SCTの場合
 第9章 所見の書き方
第Ⅱ部 事例編
 ケース1 神経症水準の現れ①──ヒステリー性格
 ケース2 神経症水準の現れ②──強迫性格
 ケース3 BPO水準の現れ①──結合型
 ケース4 BPO水準の現れ②──併存型
 ケース5 精神病水準の現れ①──反応継起がある程度理解できる事例
 ケース6 精神病水準の現れ②──サインの顕著な統合失調症の例
文  献
継起分析の基本姿勢──あとがきに代えて
付  記
人名索引
事項索引
------------------------------
馬場禮子(ばば れいこ)
1934年 東京に生まれる
1958年 慶応義塾大学社会学研究科心理学専攻・修士課程修了
同 年 慶応義塾大学医学部精神神経科勤務
    同時に,三恵病院などにて精神科臨床に従事
1984年 常磐大学人間科学部教授
1991年 東京都立大学人文学部教授
1997年 放送大学教育学部教授
2005年 山梨英和大学大学院(臨床心理学専攻)教授
現 職 中野臨床心理研究室

このページのトップへ

内容説明

【序章より抜粋】
 このたび,ロールシャッハ法を中心とする投映法解釈の学習を長年続けて来たグループのメンバーとともに,心理検査を用いた心理アセスメントに関する一冊の本を出すことになった。その中心になるのは,私が研究と実践を続けて来たロールシャッハ法の解釈である。著者たちは,主に大学院生の時代に私の投映法の授業を受講した人たちで,大学院修了後もずっと同じ研究会で,投映法解釈の事例検討会を続け,今ではそれぞれ指導的な立場にあるベテラン研究者・臨床家たちである。
 私は主としてロールシャッハ法の解釈技法を研究し,それを心理査定全体の中に位置づけながら解釈法を推敲し,さらにそれを教えることを長年にわたって続けて来た。教える相手は次第に広がり,数を増して行った。その間に指導者として私の方法を教えられる人も増え,その人たちもこの方法を教えるようになった。そのようにして広まった私の解釈法は,ふと気がつくと私の手を離れて一人歩きしていた。私の訳語である「継起分析」という言葉がsequence analysis一般を指す言葉として使われるようになっていた(従来,一般的用語は「系列分析」であった)。それだけ広く使われるほどに有用な方法であるなら,これほど嬉しく有り難いことはない。研究者冥利に尽きることである。しかしその一方で,私の与り知らぬところで何らか誤った使い方がされているかもしれないという懸念も起ってくる。
 このような懸念をベテラン研究会で話したところ,それではこの際,精神分析的な心理査定について総まとめする本をこのグループで作り,私の投映法解釈を確認し直そうではないかということになった。本書はそのような経緯から作成されたものである。
 出版の相談を始めた当初は,ロールシャッハ法解釈の解説書を作るつもりであった。しかし,たとえロールシャッハ法のように情報量の多い検査であっても,一つの検査の理解のみで被検者の人物やその病理の描写をすることは不可能である。私たちが常にやっているのは,いくつかの検査の所見,臨床像,さらにできれば被検者の生活状況や成育史に関わる情報を収集し,総合的に判断することである。
 これらの手続きをすべて行わなければ,“心理検査を用いた心理査定”をしたことにはならないのであって,日常の臨床でも,Korchin, S. J.のいうフォーマルアセスメントをする場合には,この手続きがなされている。そこで,書くのならばそこまで,単なるロールシャッハ法の解説書ではなく,パーソナリティ査定および病理査定のすべての手続きを記載し,その中に中心となるロールシャッハ法を位置づけた解説書にしようということになった。
 本書はこのような経緯から生まれた,ささやかながらも力動的心理査定の集大成である。(馬場禮子)

このページのトップへ

関連書籍

改訂 精神分析的人格理論の基礎

改訂 精神分析的人格理論の基礎

刊行から8年,好評テキストの待望の改訂版

著者:馬場禮子
 
 
ロールシャッハテストの所見の書き方

ロールシャッハテストの所見の書き方

臨床で使える報告書をまとめるために

著者:加藤志ほ子 編著
吉村聡 編著
 
 

このページのトップへ