ホーム > 思春期青年期精神医学27巻2号

思春期青年期精神医学27巻2号  新刊

シンポジウム「青年期におけるアタッチメントの課題」

目次

●巻頭言
 創立30周年を迎えて(小倉 清)
●第30回大会 シンポジウム「青年期におけるアタッチメントの課題」
 アタッチメントと適応の動的‐成熟モデル(DMM)から見た青年期のアタッチメントの発達過程──DMM-AAIを用いた心理療法効果測定の試み(三上謙一)
 複雑性PTSDと青年期アタッチメントとの関連(大江美佐里)
 愛着障害患者治療におけるコンテイナー機能(鈴木智美)
 討論記録(加藤隆弘・平野直己)
●第30回大会 特別講演
 対象関係から見たアタッチメントの課題(松木邦裕)
●第30回日本思春期青年期精神医学会大会記録 一般演題
 摂食障害における「わかること」の意義(石橋大樹)
 治療者への同一化を頼みとしながら対人恐怖心性を抱える青年期事例(牧野高壮)
 嘔吐恐怖の前思春期女児に対する入院治療──児童精神科病棟という空間を利用すること(伊藤一之)
 記憶の繋がらない子ども達と繋がりを持つことはできるのか──精神科救急病院・児童心理治療施設・一般精神科病院でタッグを組んだ力動的取り組み(堀川百合子・堀川公平)
 森田療法から見た母子関係の臨床(黒木俊秀)
 不登校を抱える思春期ASD患者とのプレイセラピー──ウィニコットの視点から(作山洋子・増尾徳行・館 直彦)
 精神科児童思春期専門病棟における音楽療法の実践──バンド活動での関わりについて(桜井三月・中 康)
 自殺企図で入院した女子中学生の両親に対する親ガイダンス(中 康)
 不安と罪悪感から互いに離れられない母娘関係への母親ガイダンス──助言ケースワークから準洞察療法の親ガイダンスを活用して(仲谷 隆)
●原著
 実態調査からみるひきこもり地域支援センターの現状と課題(草野智洋)
●卒後教育
 防衛の分析──Anna Freudの臨床実践と臨床観察(柴田恵理子)
 思春期に現れる乳児期来の諸問題(小倉 清)
●合同委員会・編集委員会報告

◯日本思春期青年期精神医学会規約
◯編集方針・投稿規定
◯英文目次

このページのトップへ

内容説明

さまざまな領域の専門家がアタッチメントに関する取り組みを紹介し,現在のそして今後のアタッチメントに関する課題についてディスカッションする。

このページのトップへ

著者情報

日本思春期青年期精神医学会

日本思春期青年期精神医学会運営委員 名誉会員 小倉清 笠原嘉 西園昌久 会長 小倉清 副会長 生田憲正 運営委員 生田憲正 池田暁史 伊藤洋一 生地新 大西真美 大矢大 加藤隆弘 川俣智路 神庭重信 菊地秀明 黒木俊秀 近藤直司 *** 齋藤万比古 生島浩 白波瀬丈一郎 関谷秀子 館直彦 田中謙太郎 堤啓 豊嶋良一 中康 中村伸一 西村良二 馬場謙一 平野直己 補永栄子 増尾徳行 松田文雄 守屋直樹 安岡譽 横田伸吾 吉松和哉 吉川悟 渡部京太 運営委員会顧問 小倉清 編集委員 生田憲正 池田暁史 伊藤洋一 生地新 大西真美 大矢大 加藤隆弘 川俣智路 神庭重信 菊地秀明 黒木俊秀** 近藤直司 齋藤万比古 生島浩 白波瀬丈一郎 関谷秀子 館直彦 田中謙太郎 豊嶋良一 中康 中村伸一 西村良二 平野直己* 補永栄子 増尾徳行 松田文雄 守屋直樹 横田伸吾 吉川悟 渡部京太 * 編集委員長 ** 27巻2号責任編集 *** 子どものこころ専門医関連委員長 2017年12月31日現在・五十音順

このページのトップへ