ホーム > 発達障害支援のコツ

発達障害支援のコツ

発達障害支援のコツ

20年にわたり発達障害支援の現場をする著者が,あらゆる現場で役立つ「知恵・技術・心得」を惜しげもなく披露する。

著者 広瀬 宏之
出版年月日 2018/06/09
ISBN 9784753311354
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 初回面接の要点
1 はじめに
2 支援の階層性
3 支援の対象と手段
4 最初が肝心──共同作業と成功体験のはじまり
5 相談の前を考える
6 先入観はあってよい
7 待合室に呼びに行く
8 観察のポイント
9 最初の言葉かけ
10 どう聞いていくか・何を聞いていくか
11 支援に必要な情報は何か?
12 支援の目標設定について
13 フォーミュレーション・見立て・見取り・アセスメント
14 面接の後に何かが変わっているように
15 面接の終わりに
第2章 診断からから支援へ──それぞれの発達障害をどう支援するか
1 発達障害=発達凸凹+不適応
2 状態像からの診断ということ
3 診断は医療だけのものか
4 診断の三つの意味
5 支援の変遷
6 障害受容から特性理解へ
7 発達障害それぞれ ⑴──精神遅滞と運動発達遅滞
8 発達障害それぞれ ⑵──自閉スペクトラム症(ASD)
9 発達障害それぞれ ⑶──注意欠如・多動症(ADHD)
10 発達障害それぞれ ⑷──限局性学習症
11 発達障害それぞれ ⑸──発達性協調運動障害
12 二次障害について
13 二次障害への対応の七原則
14 愛着障害について
15 トラウマ・逆境体験・マルトリートメント・虐待について
16 トラウマ処理について
第3章 支援の実際──大切にしたいことあれこれ
1 支援で心掛けていること
2 支援の目標
3 共同作業による成功体験の蓄積
4 抱えと揺さぶり
5 妨げない・引き出す・つけ加える
6 チューニング──ノンバーバルレベルの共感
7 対処行動という視点──「そんな時どうしたの?」
8 いわゆる「共感」
9 気持ちと行動を結ぶ
10 薬物療法について
11 多職種連携のコツ
12 個人情報のやりとり
13 相談が終わるとき
第4章 役立つ支援者になるには──自身のトレーニングについて
1 意識しておいてほしいこと
2 自分を支えるもの
3 理論や技法について
4 修行の場──現場が一番
5 五感トレーニング
6 ボーカル・トレーニング
7 言葉のトレーニング
8 視点を広げるのも言葉の力
9 接続詞を意識する
10 「何で」「どうして」は使わないように
11 言葉の内容と構造──構造が真実を伝える
12 二者関係から三項関係へ──共同作業のための言葉遣い
13 セルフ・フィードバックはとても大切
14 関係のない仲間や異分野の先達から学ぶ
15 汝自らを知る──害のない役に立つ支援者になるには

 あとがき

このページのトップへ

内容説明

〈はじめに〉より
 発達障害支援のコツと題して、少しまとまったお話をしていきたいと思います。
 はじめにお断りしておきますが、今日お話しするのは、発達障害の知識や発達支援の技法というよりも、発達支援にあたってのごく基本的な心構えや、支援に取り組む際のコツが中心となります。発達支援の知識や技法については、たくさんの参考書が出ていますので、そちらを参考にしていただければと思います。
 さて、発達の支援にもいろんなやり方がありまして、ここでお話しするのは、面接を中心とした支援のイメージです。
 面接というのは、どんな職種でも使う方法だろうと思います。いわゆるface to faceの、面接室や相談室あるいは診察室という設定の中で、発達障害の子どもを支援する、そうして、それだけではなくて、ケース全体の支援をどう進めていくか、そんなお話をします。
 それから、われわれ支援者が成長・発達していく、あるいは、スキルアップするためにはどのようにしていったらいいだろうか、というお話もしていきます。
 ここで、われわれ支援者がスキルアップするのは、われわれのためというよりは、ケースに利益を還元するためなのです。われわれがスキルアップして、ちゃんと役に立つ支援者になることで、ケースの人に利益還元をしていくことが目的なのです。そのような観点から、われわれプロフェッショナルとしてのトレーニングについてもお話ししていきたいと思います。
 構成としては四つからなります。一つ目が初回面接のこと、二つ目が発達障害について、三つ目が支援の実際で大切にしたいこと、そして四つ目がわれわれ自身のトレーニングという内容で、お話をしていきます。
 さて、言うまでもありませんが、対人支援ができないと発達支援もできない。つまり、発達障害の支援の原則は、対人支援の原則とかなり重なります。ですから、まず対人支援の原則の話をしてから、発達支援の話をしていきます。
 対人支援をするには、対人コミュニケーションも大切です。対人支援の前提として、適切な対人コミュニケーションが必要とされるのです。
 つまり、人と人とのコミュニケーションができないと対人支援はできませんし、発達支援もできない、ということになります。
 こんな当たり前のことを言うのは、それがちゃんとできていない専門家が少なくないからです。対人コミュニケーションがあって、対人支援があって、最後に発達支援がくるという、当たり前の流れを、しっかり意識しておいてほしいと思います。

〈推薦の言葉〉「ビックリ尽くしです。著者広瀬さんによると、これは延300分の講演の記録を編集・加筆したものだそうです。なんと5時間です。しかも丸一日の講演だそうですから、聴衆の皆さんの脳は、さぞ満腹・満杯だったことでしょう。
中身は、現場大好き人間である広瀬さんの20年に渉る現場での体験からの、学びの実りです。他から学んだことも広瀬さんの心身を通過して「自身の体験」となっているものです。とはいえ、学びの実りの全てが開示されているわけではありません。発達障害についての「知識」は他書に譲って、「支援・援助」についての「知恵・技術・心得」だけを隅から隅まで網羅しています。試みに開いてみるとその2頁に、今日・明日から役立つ助言が必ず見て取れます。
しかも助言の内実は広瀬さんが到達・達成した境地だけでなく、目指し・努力し・工夫している姿を含んでいます。読んでいると富士登山において共に歩いている先達の導きを連想します。そこでの助言は、発達障害者や家族への支援に限らず、他の山を登る際にも自在に応用可能な技術です。「知識」は区別・差別へ導く力があり、支援技術は「ともにある」へ導く力があります。現場大好き人間の仲間として、この本の出版を幸せに感じています。」神田橋條治(伊敷病院)

このページのトップへ

著者情報

広瀬 宏之

1969年 東京都に生まれる 1995年 東京大学医学部医学科卒業 1995~1996年 東京大学医学部附属病院小児科 1996~1999年 千葉徳洲会病院小児科 1999~2003年 東京大学大学院医学系研究科生殖・発達・加齢医学専攻 2003~2007年 国立成育医療センターこころの診療部発達心理科 2006~2007年 フィラデルフィア小児病院児童精神科 2007~2008年 横須賀市療育相談センター開設準備室長 2008年~ 横須賀市療育相談センター所長 2015年~ 放送大学客員准教授「精神医学特論」担当 著 書  『図解 よくわかるアスペルガー症候群』(ナツメ社)  『「もしかして、アスペルガー?」と思ったら読む本』(永岡書店)  共 著  『療育技法マニュアル第18集 発達障害とのかかわり』(小児療育相談センター)  『新訂 精神医学特論』(放送大学教育振興会) ほか多数 翻訳・監訳  S. グリーンスパン『自閉症のDIR 治療プログラム』(創元社)  S. グリーンスパン『ADHD の子どもを育む』(創元社)  S. グリーンスパン『こころの病への発達論的アプローチ』(創元社)

このページのトップへ

関連書籍

発達障害をめぐって

発達障害をめぐって

脳の発育努力を妨げない支援のありかた

著者:神田橋 條治
 
 
発達障害の薬物療法

発達障害の薬物療法

正確な診断のもとに行う少量処方のすすめ

著者:杉山 登志郎
 
 

このページのトップへ