ホーム > 子どもの虐待とネグレクト20巻1号

子どもの虐待とネグレクト20巻1号  新刊

特集 子ども虐待予防の要! 特定妊婦の支援

目次

■巻頭言 1951年改正あるいは許斐有さん 石田文三

■特集 子ども虐待予防の要! 特定妊婦の支援
特集にあたって 渡辺好恵
特定妊婦の概念と支援技術に関する考察 中板育美
岩手県北における母子保健のポピュレーションアプローチとハイリスクアプローチの連動の実際 秋元義弘
周産期医療と母子保健の連携から子ども虐待発生予防支援へ 小林裕子,樋口文子
特定妊婦の発覚から具体的な支援の実際 相良裕美
母子生活支援施設における特定妊婦支援 芹澤 出
母子保健における子ども虐待予防──コミュニティ・ケアと小児科医の役割── 井上登生
生きづらさを抱えた子どもたち──高校生の妊娠出産の具体的支援── 金子由美子

■〈連載〉各地の取り組みから学ぶ
子どもシェルターの現場から──カリヨン子どもセンターの歩みと課題── 坪井節子
■〈連載〉子ども虐待の「今」
児童福祉法改正と子ども家庭支援センターの役割 河浦龍生
■〈連載〉映画にみる子ども虐待
映画に見る子どもの家族とその喪失 御園生直美
■研究報告
児童相談所における里親支援の実態とその支援が里親委託率へ与える影響  野口啓示,高橋順一,島谷信幸,福田公教,石田慎二,千賀則史,山本真知子,小池由佳,木内さくら,石田賀奈子,伊藤嘉余子
■資料
日常的な虐待行為に対して乳幼児の母親が有する認識の実態 前田 清,秋津佐智恵
■短報
胎児虐待対応の今後の課題 立花良之,西郡秀和,小泉典章
■ブックレビュー
井上寿美,笹倉千佳弘編著『虐待ゼロのまちの地域養護活動』 山縣文治
伊藤嘉余子編著『社会的養護の子どもと措置変更』 増沢 高
生地 新著『児童福祉施設の心理ケア』 西澤 哲

このページのトップへ

内容説明

「特定妊婦」は,平成20 年の児童福祉法改正(児童福祉法第6条)において「出産後の養育について出産前において支援を行うことが特に必要と認められる妊婦」と新たに規定された。この規定により,子ども虐待対策は子どもが虐待にあう前に予防的介入(支援)を行うことへと大きくシフトチェンジしたと言える。
 この特集のテーマは『特定妊婦を支援することが子ども虐待予防につながることである』ということである。発見するだけではなく,発見と同時に支援することこそが重要であることを現場の実践から学び,課題を整理し,子ども虐待予防実践の参考となることを目指したものである。(「特集にあたって」より抜粋)

このページのトップへ